体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』クメイル・ナンジアニ インタビュー

BIGSICKメイン

パキスタン出身のアメリカ人コメディアンであるクメイル・ナンジアニが“異文化結婚”の前に立ちはだかる数々のトラブルと騒動を愛と笑いで乗り越えた実話を、クメイルと妻のエミリー・V・ゴードン自身が共同で脚本執筆。クメイル自身が主人公を演じ、圧倒的な共感を得て全米5スクリーンから2600スクリーンまで拡大し、まさかの大ヒットを記録した。第90回アカデミー賞脚本賞にノミネートされるなど、大きな波紋を投げかけた本作について、クメイルに話を聞いた。

ーーこれはどんな映画なのでしょう?

クメイル「この映画は、今は僕の妻となったエミリーとの実話です。もう少し詳しく内容を言うと、彼女が昏睡状態になっているあいだに僕が彼女に恋心を募らせていく話。そう言うとキモイけど、実際にはそうでもないから! とにかく僕たちのあいだに起きた半年間の出来事すべてを盛り込んだのがこの映画なんです」

ーーご両親との関係はその後どうですか。

クメイル「前向きに現在進行形って感じですね。エミリーのことや、両親が思い描いていた人生を僕が生きるわけにいかないことを打ち明けた時には、いろいろと大変だったけど、両親との関係は、この映画を撮っていた時期にも増してよくなっている。ここ3~4カ月だけを見ても関係が前進してるという感じなんです。表面的な話をするのは簡単でも、こうやってそれを映画にして正面から掘り下げていくとなかなか……。両親と僕とでは根本的に世界観が違うけど、それでも親子でいたいとお互いに思っています。それに向けての頑張りが、この映画を作ったことで促された気がするんです」

サブ1 サブ4

ーーエミリーとふたりで伝えたかったことはなんでしょう。

クメイル「作品は作り手の一部が盛り込まれているべきものだと思うんです。例えば僕という人間は、アイデンティティや宗教について、わりといつも考えている。ただこの映画で何を一番盛り込みたかったかというと、“繋がろうとする人たちと、その妨げになるもの”なんです。世代であれ宗教であれね。つまりこの映画は、繋がりたいんだけど繋がれない人たちの話。ラストに至るまではということですが。そして人間でいることや、異なる信条がうごめく社会で生きていくのがいかに面倒くさいか。もっと具体的に言うと、宗教についても伝えたかったし、要は違った世界にいる人たちが衝突しながらひとつになることを意識的に描きたかった。あまりに多くの人たちが距離を置いて暮らしたがるけれど、この映画ではそれこそが続かないんです」

ーーマイケル・ショウォルター監督はどうでしたか?

クメイル「カメラや演技を通じて物語を伝えるセンスが抜群。それに役者の扱い方がすばらしい。ものすごく役に立つアドバイスをたくさんもらいました。違う視点を与えてくれて微調整ができたんです。監督はシーンの意図を汲み取って効果的な表現を編み出す力があって、本当に助かりました」

Zoe Kazan as サブ6
1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy