体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【医師監修】帝王切開の人は皆、痛みに耐えて頑張っている。 自分のお産に誇りを持って欲しい 荻田和秀医師(りんくう総合医療センター)に聞きました。

f:id:akasugu:20180122211917j:plain

ふつう、出産、と言えば、経腟で産む自然分娩を思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、近年の日本では、帝王切開は増加傾向にあります。5人に1人が帝王切開で分娩する今日。妊娠すればだれもが帝王切開となる可能性はあり、想像以上に身近なことであると言えます。

帝王切開の実際について、ドラマ「コウノドリ」の舞台のモデルとなった、りんくう総合医療センター産婦人科の荻田和秀医師にお聞きしました。 前回の記事:【医師監修】ハイリスクって言われても、妊婦さんには 「案ずるより、産むがやすし」の心でいて欲しい 荻田和秀医師(りんくう総合医療センター)に聞きました。

帝王切開=ラクなお産、というのは大間違い

――日本では、近年はだいたい20%くらいのお産が帝王切開になっていますが、ハイリスク分娩の多いりんくう総合医療センターでの帝王切開率は、どのくらいですか?

荻田先生:25%くらいです。

――25%とは、思ったより多くないです。周産期センター指定を受けているのにも関わらず。(※「周産期母子医療センター」は、出産の前後に高度医療を受けられる施設として国の指定を受け、ハイリスク妊婦をはじめとした高度医療が必要な症例を引き受ける施設。)

荻田先生:他の周産期センターでは、概ね35~45%だと聞きますので、比較的少ないほうですね。なるべく帝王切開の数は少ないようにしたい、という共通認識がスタッフにあるからなんだろう、と思います。それはやっぱり、帝王切開だと産後がしんどいですから。

――あらかじめ決まっている予定帝王切開の場合、どのような流れになりますか?

荻田先生:前日に入院して、9時までに食事は済ませてもらい、それから絶飲食になります。シャワー浴びる人は、前の日か朝シャワーを浴びてもらって、点滴をして、手術時間まで待っていただく。

手術は、ほとんど区域麻酔で行っています。腰椎麻酔と硬膜外麻酔なので、意識はあります。縫合をして、状態が良ければ早期母子接触も行うことができます。

術後は安静にしていただくのですが、帝王切開後は血栓症(血液のなかに固まりができる疾患)になるリスクが上がるため、予防のために、足にポンプみたいなのをつけて、翌日の朝くらいまではマッサージを行います。

また、翌日以降、歩けるようになったら自分で血栓予防のために歩いてもらうことになります。

f:id:akasugu:20180122212206j:plain

帝王切開は赤ちゃんのリスクを最小限にする産み方

――産後は痛みますか?

荻田先生:帝王切開は、赤ちゃんのリスクが最小限となる分娩方法です。赤ちゃんが産道を通らないで、いきなり子宮の外にワープするようなものですから。そのぶん、母体に背負ってもらうリスクは多くなります。経腟分娩では、徐々にお産が進んでいきますが、帝王切開では、一気に1時間とか数十分で分娩を終了させるわけですから、それなりにからだに負担がかかります。

麻酔はかけますが、切れてくるとすごく痛みます。痛みの総量を考えてみると、経腟分娩も帝王切開も、そう変わらないのではないでしょうか。だから決して、帝王切開のお産は、お母さんにとってラクでも何でもない。しんどい時期が分娩の前後なのか、お産が終わってからしばらくなのか、という感じで僕らは捉えています。

――痛みの総量は同じというのは、分かりやすいですね。

荻田先生:経腟分娩と帝王切開を両方経験された方で、帝王切開のほうが痛かったという人もいるくらいですよ。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。