体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時短制度はもういらない!?――女性に優しい企業・変わらない企業の差

最近、某大手食品会社が「時短制度を使わなくても活躍と子育てを両立できる働きやすい企業」に生まれ変わったことをご存じですか? 長時間労働の見直しや副業解禁など、職場の大改革が始まった今、私たちが働く環境は大きく揺れ動いています。急に有休の取得が推奨されたり、残業ができなくなったり。働きにくいと思っていた環境が、知らないところでどんどん変わっている……。いったい何が起きているのでしょうか。今の職場で働き続けていていいのでしょうか。

この連載では、そんな悩み多き女性の疑問を解決する情報をお届けしています。今回のゲストは、女性のライフキャリアや働き方改革に関する著書を多数持つ白河桃子さん。『女子のための「手に職」仕事図鑑』(仮)の著者 華井由利奈が、女性のキャリア形成に役立つ“いま知っておきたい情報”をまとめてお伝えします。

f:id:fujimine:20180207125555j:plain

【プロフィール(写真右)】

白河桃子

少子化ジャーナリスト・作家・相模女子大学客員教授。「働き方改革実現会議」有識者議員をはじめ、多くの政府の会議に参画。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」ブームを提唱。著書に『格付けしあう女たち』、『御社の働き方改革、ここが間違ってます!』『逃げ恥にみる結婚の経済学』などがある。

【プロフィール(写真左)】

華井由利奈

コピーライター。大学卒業後、印刷会社に就職。デザイン業務を1年間担当した後、コピーライターとしてトヨタ系企業など100社以上の多様な企業の取材を行う。2016年に独立。現在は広告業界や、ビジネス全般、教育関連、生活情報など幅広い分野で執筆・講演している。今までに取材した人数は約700人。

“マッチョで滅私奉公な人”が出世する時代の終わり

あなたの周りにいる、50代前後の女性社員を思い浮かべてみてください。出世しているのは、どんな人でしょうか。努力家やコミュニケーションスキルの高い人など、様々なタイプの社員がいるでしょう。その中に一定数、自分の体力や時間、人生を会社に捧げている人はいませんか? 結婚や出産を経ても働き続けたい。でも、職場には自分が真似できそうなロールモデルがいない……。そんな悩みを抱える若手・中堅の女性社員の話に耳を傾けると、こんな声が聞こえてきます。

「出産後も働き続けたいけど、正直不安しかない」

「上司みたいにバリキャリで働くなんて、私には無理」

「長時間労働ができない女性は、永遠に昇進できなさそう」

女性が働きやすい時代は、本当に来るのでしょうか。その疑問を解消するべく、女性のライフキャリアや働き方改革に関する著書を多数持つ白河桃子さんに女性活躍の流れを聞いてみました。

「1989年、男女雇用機会均等法が施行された頃は、マッチョで滅私奉公な男性が精力的に働いていました。当時CMで使われていたキャッチコピーのように、『24時間戦えますか』という世界です。そのころは『こんな職場だけど、女性が入りたいのならお好きにどうぞ』という空気感があったように思います。当然ながら、総合職で入社した女性たちはライフイベントと両立することができず、次々に退職していきました。それが『フェーズ1』です」

1989年といえば、まさに現在50代前後の女性社員が働き始めた頃。自分のロールモデルになりそうな上司数人に話を聞くと、決死の形相で生き抜いた武勇伝を語る人も。私には無理……、と尻込みしてしまいそうです。

「でも約20年後の2008年には、女性に優しい両立時代が到来しました。これが『フェーズ2』です。時短などの制度が充実し、育休の取得率が上がり、女性に優しい企業が次々に現れました。しかし女性が活躍するにはまだまだ多くの壁がありました。そこで、フェーズ2の間に見つかった様々な課題を解決するべく、2017年に働き方改革が始動。女性だけでなく男性にもスポットが当たり、現在の『フェーズ3』に入りました」

白河さんの著書『後悔しない「産む」×「働く」』によると、フェーズ3で始まった「働き方改革」が進めば次の6つの変化が起きるといいます。

・脱長時間労働・労働時間の上限規制

・柔軟な働き方ができる(在宅、フレックス、子連れ出勤など)

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy