体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Shine Fine Movement、橘莉子の“格闘技好き”きっけかで『野良犬祭2』応援サポーターに

2月6日(火)に立ち技格闘技の祭典『野良犬祭2~右むけェ左!~』の記者会見が行なわれ、大会の応援サポーターに就任したアイドルグループ・Shine Fine Movementが登場した。
2月6日(火)『野良犬祭2~右むけェ左!~』記者会見 (okmusic UP's)

2017年12月13日に1stシングル「光クレッシェンド」でメジャーデビューしたShine Fine Movementは、日本コロムビア初のアイドルレーベル「Label The Garden(レーベル・ザ・ガーデン)」から、Flower Notes、Clef Leafに続いてデビューした。この大会の応援サポーターになったきっかけについて、「橘莉子が格闘技が凄く好きで、“野良犬”こと小林さんについても知っていた。格闘技のイベントを行っていることを嗅ぎつけて、今回応援サポーターにさせていただいた」と、リーダーの橘咲希が話している。

3月31日(土)に新宿FACEにて開催される『野良犬祭2~右むけェ左!~』は、“野良犬”の異名でカリスマ的人気を誇った元キックボクサー・小林さとし(小林聡)がプロデュースする格闘イベントで、2017年に続いて2回目の開催となる。第1回目のイベントについて質問された“格闘技好き”の橘莉子は、「動画で拝見させていただき、最初から終盤まで凄くハラハラした。最後は藤原あらし選手がKOで決めてかっこよかった」とコメント。その藤原あらしは、前回大会でタイのシンダム・OZGYMと戦いKO勝利し、今回はOZGYM第二の刺客であるポンチャン・OZGYMと対戦する。Shine Fine Movementのメンバーで実の姉妹である橘三姉妹は、下に弟がおり実質4人兄弟。大会でメインイベントを務める藤原あらしも子どもが4人いることから、会見会場では家族構成についてのトークも繰り広げられた。

『野良犬祭2』当日はShine Fine Movementも大会に登場し選手を応援するほか、ハーフタイムショーにはミニライブも行なうので、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。
『野良犬祭2~右むけェ左!~』

3月31日(土) 東京・新宿FACE

開場 17:30/試合開始 18:30 ※17時45分よりアマチュアマッチ

<対戦カード>

■メインイベント キックボクシング55kg契約 3分5R

藤原あらし(全日本スーパーバンタム級王者)vsポンチャン(タイ)

■キックボクシング 53kg契約 3分5R

松崎公則(J-NETWORKスーパーフライ級王者)vsRAIDEN(西日本統一バンタム級王者)

■アーマード・バトル

加川聖香(西洋甲冑)vs八ケ代大輔(日本武者)

■スペシャルエキシビジョンマッチ

小林さとし&日高郁人vs大怪獣モノ&電エース

※その他の対戦カードも随時ホームページなどで発表される

<チケット>

■通常シート

SRS¥10,000円(パンフレット付)カウンター席¥10,000(パンフレット付)

S席¥8,000/A席¥6,000/B席¥4,000

※入場時にドリンク代として別途500円必要となります

■野良犬マイホームVIPシート

¥22,222,222(SRSペア1組2席)

野良犬・小林さとし所有物件、一戸建てがついてくる(千葉県市川市内)

※詳細は株式会社齋藤勝洋一級建築士事務所までお問い合わせください。

tel:048-452-4511/e-mail:msas3110@gmail.com

■南国ツアーVIPシート

¥2,222,222(SRSペア2組4席)

エアカレドニアインターナショナルのエアカラン・ハイビスカス(ビジネスクラス)で行く

ニューカレドニアの旅4泊6日に2×2(4名様)ご招待。

※詳細は株式会社ショーンキャプチャーまでお問い合わせください。

tel:03-5364-9015(14:30~19:30)

e+(イープラス):http://eplus.jp/scapture/

ローソンチケット:http://l-tike.com/ Lコード:31924

後楽園ホール5階事務所:03-5800-9999

■『野良犬祭2』公式サイト

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。