体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テーブルになった「植物の標本」。

テーブルになった「植物の標本」。

京都にあるウサギノネドコというお店で見かけてから気になっていたSola cube。4cm角の透明のアクリルキューブで、なかに植物の花や種子が閉じ込められています。

キューブは鑑賞して楽しむためのものですが、先日、このキューブを36個つないで天板にしたローテーブル「Sola cube Low Table」が発売に。花や種はどれも色や形、大きさが異なるため、完全なる「一点もののテーブル」です。

ちなみにこのSola cube、日本の職人の手によって一つずつ作られていて、ひとつのキューブが完成するまでに1週間〜10日ほどの時間を要するそう。

こんなサイドテーブルが家にあったら「子供の頃、こんな種拾ったな〜」なんていつまでも観察してしまいそうですよね。

天板とフレームは2種類から選べるので、公式ホームページをチェックしてみて。テーブルになった「植物の標本」。テーブルになった「植物の標本」。テーブルになった「植物の標本」。テーブルになった「植物の標本」。テーブルになった「植物の標本」。テーブルになった「植物の標本」。Licensed material used with permission by Usagi no Nedoko Inc.

関連記事リンク(外部サイト)

スペースがなくても「ローテーブル」が欲しい人へ
このテーブル、キャンプに持っていけるんだぜ!
夏のインテリアの「遊び」には、ポップな「多肉植物」がはずせない。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。