体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~

江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~
私たちにとって身近な場所やモノには、意外と知られていない歴史が潜んでいるかもしれません。

この連載では、歴史学者の三石晃生教授と「知らなくても困らないけれど、知っていると世界が楽しくなるかもしれない」をコンセプトに世界のあちこちを調査していきます。TEDxTokyo yzにも登壇された三石教授は、世界初の歴史コンサルタント会社(株)goscobe代表取締役でもあります。

第二回目の舞台は、新宿二丁目。LGBTタウンのイメージとは違う、街の魅力をご案内します。

三石:今日は夏目漱石ゆかりの地へ行こう!

筆者(以下、村越):お!今回は旅行ですか!?『坊ちゃん』の道後温泉とか?

江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~
村越:ここは、まさか・・・?

三石:ようこそ、世界の新宿二丁目でございます!

村越:なんで!?

新宿二丁目は、今の場所じゃなかった!?

村越:そういえば三石さん、二丁目のゲイバーによく行ってますよね。ゲイバーと漱石は関係が?

三石:ハロウィンとか来てみなさいよ!二丁目は盛り上がって楽しいんだから!この仲通りのお店は観光バーが多いの。ノンケの方とか女性の方でも気軽に入れるのが観光バーだから、初めての人は仲通りあたりから遊びに来るのがオススメ!

村越:いや、今日は「ハマるゲイバー5選」とかの記事じゃないですから!漱石の話に戻しましょう!

三石:そうそう。このあたりがゲイタウンになるのは1960年代以降になってからで、漱石の頃は全く違っていたんだ。

村越:え、割と最近!それ以前からゲイバー的なものが密集してたんじゃないんですか?

三石:それ以前、このあたりは赤線地帯と青線地帯が形成された「新宿遊郭」があったところだったんだ。当時、二丁目といえばこの「新宿遊郭」のことを指していた。あ、吉行淳之介の『驟雨(しゅうう)』という小説があるんだけれど、舞台は新宿二丁目の新宿遊郭。ちなみに今と昔とは新宿二丁目の場所が違うんだよ。隣の新宿三丁目あるでしょ、あそこはもともと二丁目だったのです。

村越:え、三丁目が二丁目?どういうことですか?

三石:寄席の「末廣亭」のある末廣通りとその隣の要通りあたりを昔は「要町」っていったのだけど、そこもかつては新宿二丁目だったの。1973年に新たに御苑大通りで丁目を区切ることになって、この要町は新宿二丁目から三丁目に編入されることになったのです。

村越:えー!!全然、知らなかった!新宿3丁目が2丁目だったなんて!

江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~
新宿の寄席といえば、新宿三丁目の新宿末廣亭

子供はギャン泣き。江戸のワンダーランドへようこそ!

村越:ところで今日は、夏目漱石のゆかりの地って話でしたけど。

三石:やってきました、ここがゆかりの場所!




江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~
三石:新宿の地名は信濃国高遠藩の内藤家の中屋敷を幕府に返上させて、そこに新しい宿場、つまり新宿を作ったの。そこで昔はこのあたりは「内藤新宿」って呼ばれてたんだ。その内藤家の菩提寺がこの「太宗寺」です。漱石関連以外にもいろいろとみどころがありまくりなスポットだよ。

江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~
三石:このボタン押してみて。

村越:ん?はい。(ポチッ)

江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~
村越:うわ!光った!!!

江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~
村越:おおおお!!??

三石:都内最大の閻魔像。江戸三閻魔の一つで、7月15日・16日に開帳されます。
開帳されてなくても、外からのぞけます。

江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~
村越:異様にデカいし、コワい!

三石:わたし、子供の時にここに親と来てギャン泣きですよ。しかもこの閻魔様、別名が「つけひも閻魔」。まだこのあたりが宿場町だった江戸のころの話。「太宗寺」の境内で泣いた子供をあやしていた乳母がいたそうな。子供が泣き止まないので「そんなに泣いていると閻魔様にたべられてしまうよ」と言ったらピタリと泣き止んだ。

村越:怖いから逆に子供泣きそうですけどね。

三石:乳母がやっと泣き止んだと思ったら背中が軽い。みると子供がいなくなっている。いくら乳母が境内を探しても見つからない。その乳母がふと閻魔像を見ると・・・。閻魔像の口から子供を背負っていたおんぶ紐がぶらさがっていたという。

村越:閻魔様、子供食べちゃったんですか!?鬼が食べるならまだわかりますけど・・・。

三石:トラウマ閻魔様ですよ。さらにすごいのがその左隣・・・。

江戸と漱石の新宿二丁目 ~絶叫ワンダーランドへGO!~
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy