体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボーイング、737MAX-10の仕様確定

ボーイング、737MAX-10の仕様確定

 2018年2月6日(現地時間)、ボーイングは開催中のシンガポールエアショウで、B737MAX-10の詳細仕様が確定したと発表しました。2020年には航空会社への引き渡しを始める予定としています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 B737MAX-10は、ボーイングのベストセラーである小型旅客機B737の最新バージョン、B737MAXシリーズのもっとも大きなモデル。2017年のパリ・エアショウで開発が発表され、現在までに18の顧客から416機のオーダーを集めていました。

 B737MAX-10は、737MAX-9より胴体長を66インチ延長した全長43.8m、最大230席となる機体。航続距離は3300km(補助燃料タンクを装着した場合6110km)です。CFMインターナショナル製のLEAP-1Bエンジンを装備し、競合モデル(エアバスA321neo)に比べて5パーセントの運航コストが低減され、同じく5パーセントの1席あたりの運航マイルコストが低減されるといいます。

 B737MAXシリーズは、2017年からB737MAX-8が運航を開始しており、すでに180万人以上の乗客が利用しています。MAX-7はまもなく初号機の飛行試験が始まり、MAX-9も数週間のうちに顧客への引き渡しが始まるとのこと。シリーズ全体では、すでに92の顧客から総計4300機以上ものオーダーがあり、ボーイング史上もっとも売れ行きの良いモデルとなっています。まだ日本の航空会社が導入するというアナウンスはありませんが、多くのLCCが採用していることもあり、日本の空港で目にする機会も多くなると思われます。

 Image:Boeing

 (咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ空軍、長距離巡航ミサイルJASSM-ERをF-15Eでも実用化
【レッドブル・エアレース】開幕戦アブダビ大会・グーリアン9年ぶりの勝利!王者室屋は2位
エアバスH145Mヘリコプターからレーザー誘導ロケット発射試験に成功

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。