体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

明治大学を変えた「型破りなリーダー」は“能の研究者”――高校生が志願したい大学“8年連続1位”を実現した戦略

今の10代から20代前半の世代と、30代以降の世代とで、これほど情報ギャップのあるケースも珍しいかもしれない。創立100年を超える歴史を持つ日本を代表する大学、明治大学をめぐって、だ。

東京6大学の一角を占める人気大学だが、この10年ほどで大きな異変が起きている。ブランドイメージが一変してしまっているのだ。ひと昔前の男臭い大学のイメージはそこにはまったくない。今や女子高生からの人気で1、2を争う大学になっているのである。

明治大学にいったい何が起きたのか。明治大学は何をしたのか。関係者への取材でそれを明らかにしたのが、上阪徹氏の著書『あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか? 奇跡を起こすブランドポジションのつくり方』(東洋経済新報社)。今回は、明治大学の変貌ぶりと、それを実現させた秘密の戦略に全4回で迫る。

第3回となる今回は「変革に挑むリーダー」について紹介する。(第1回記事はこちら、第2回記事はこちら)

f:id:k_kushida:20180206114355j:plain

ブックライター 上阪徹さん

1966年生まれ。89年、早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリー。これまでの取材人数は3000人超。著書に『あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか?』『社長の「まわり」の仕事術』『10倍速く書ける 超スピード文章術』『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか』『成功者3000人の言葉』『リブセンス』『職業、ブックライター。』など。

能の研究者、プロデューサーでもある明治大学学長

大きくブランドイメージを変えた明治大学。100年を超える歴史を持つ伝統的な組織で、ここまで一気に変革できた成功例は、過去に例がないのではないか、とすら思える。その背景にはいろいろな要因があったわけだが、言うまでもなくキーマンはリーダーである。大学でいえば、そのトップ、学長だ。

拙著『あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか? 奇跡を起こすブランドポジションのつくり方』(渡洋経済新報社)では、長時間にわたり、明治大学の土屋恵一郎学長にインタビューすることができた。

大学の学長といえば、社会的なステータスとしては最高峰に位置する。しかも、日本を代表する大学の一つ。伝統的な組織のトップなのだ。それだけに、もしや官僚的な雰囲気の人ではあるまいか、などという予想もなかったわけではないが、その予想はあっという間に崩れ去ることになった。

学長室でにこやかに迎えてくれたスーツ姿の小柄な紳士は、法学部の教授、学部長もつとめていた人物だが、実は能の研究者、プロデューサーでも知られる異色の大学人だったのだ。この経歴の段階ですでに型破りな印象を受けるわけだが、インタビューではその大胆不敵ぶりが垣間見える、たくさんのエピソードをもらった。

土屋学長も極めて型破りだが、こういう人をトップに据えてしまう明治大学も、改めて型破りだと感じた。

自らがここが私のプライドだ、と言えるような大学にしたかった

1回目の取材でリバティタワー建設をめぐる話を聞いていたとき、こんな発言が飛び出したのが、とても印象に残っている。

「率直に申し上げれば、大学の建物としては、品のない建物ですよ。こんなでっかいタワーを大学が建ててしまった。前を通る中高年女性には、『山の上のホテルもこんなに立派になって』と語っていた人もいました(笑)。ホテルだと思われていたんです」

しかし、この品のなさこそが、パワーになったと土屋学長は語る。

「僕が思っていたのは、なんといっても学生にプライドを持ってほしかったということです。自分が卒業したとき、明治OB・OGだと言えるプライドを持てるようにしたかった。昔は、明治出身だ、と言わないOB・OGもいた。いまはみんな言いますね。受験者が増えるとか増えないとかではなく、学生が最大の受益者でないといけない。学生のためでないといけないんです。学生が最大の利益を受け、自らがここが私のプライドだ、と言えるような大学にしたかった」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy