体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VIP席は2千万越え!@一軒家付き 怪獣選手から最新3Dスキャナのお披露目まで 格闘イベント「野良犬祭」記者会見が激アツすぎた

VIP席は2千万越え!@一軒家付き 怪獣選手から最新3Dスキャナのお披露目まで 格闘イベント「野良犬祭」記者会見が激アツすぎた

 現役時代「野良犬」の異名で知られた伝説のキックボクサー、小林さとしさんがプロデュースする立ち技格闘技の祭典「野良犬祭(ノライヌフェス)2」が、2018年3月31日に東京の新宿FACEで開催されることになり、2月6日、都内で記者会見が行われました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「野良犬祭」は、2017年10月21日に第1回が開催され、キックボクシングをはじめとした様々な立ち技格闘技の試合が行われる大会。記者会見には、当日のメインイベントでタイのポンチャン・OZGIM選手と対戦する藤原あらし選手や、アーマード・バトルに出場する、日本における女子アーマードファイトの第一人者、加川聖香(かがわ・きよか)選手、エキジビションマッチに参加するKING OF KNOCK OUT 初代ライト級王者の森井洋介選手も出席しました。

VIP席は2千万越え!@一軒家付き 怪獣選手から最新3Dスキャナのお披露目まで 格闘イベント「野良犬祭」記者会見が激アツすぎた左から日高郁人さん、原雄司さん、小林さとしさん
VIP席は2千万越え!@一軒家付き 怪獣選手から最新3Dスキャナのお披露目まで 格闘イベント「野良犬祭」記者会見が激アツすぎた左から藤原あらし選手、加川聖香選手、森井洋介選手

 アーマード・バトルで男子選手と対戦する加川聖香選手は、アーマード・バトル世界大会の女子ロングソード部門で3位に輝いた世界屈指の実力者。競技で着用する甲冑(プレートアーマー)姿で登場しました。この甲冑はヨーロッパでオーダーメイドされた、中世の甲冑と同じ鋼(スプリングスチール)製で、重さ25kg。これで実際の剣と同じ重量のロングソードを使って戦います。アーマード・バトルにおいて突きは禁止されているので、武器は「切る」動作で振り回す形になるので、かなり体力を使います。ロングソード以外にも、盾と剣、斧、そしてメイス(棍棒)といった種目があるんだそう。


 また、映画監督の河崎実さんが、自身の作品に登場する「大怪獣モノ」と「電エース」と共に登場。大怪獣モノは前回の野良犬祭でも試合に参加していましたが、今回は電エースとのタッグで戦いたいと、小林さとしさんに挑戦状を叩きつけました。

 当日はアイドルグループ「Shine Fine Movement」のライブも行われる予定。記者会見でも「Shine Fine Movement」の皆さんが登場し、格闘技が好きだという橘莉子さんが大会への期待を語っていました。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。