体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋田・なまはげ柴灯(せど)まつりでなまはげ文化に触れる

秋田・なまはげ柴灯(せど)まつりでなまはげ文化に触れる

写真提供/男鹿なび

「泣く子はいねが~!」と家々を練り歩き、子どもたちを恐怖のどん底に突き落とす“なまはげ”。この民俗行事のことをご存じない方はいないでしょう。

本場・秋田県男鹿半島では大みそかに行われている「なまはげ」ですが、こちらは地域の方のための行事で、観光客の参加はなかなかハードルが高いのが現状。
代わりに「本場でなまはげを体験できる」イベントとして、毎年2月第2金曜~日曜に「なまはげ柴灯まつり」が開催されています。
この祭りをより楽しむための情報を求めて、男鹿半島へ向かいました!

なまはげゆかりの地「真山神社」へ

JR東京駅から秋田新幹線に乗り込み約4時間、まずはJR秋田駅へ。JR男鹿線に乗り換え、約1時間でJR男鹿駅に到着です。

男鹿駅
男鹿駅周辺 なまはげ像

男鹿駅で降りると、早くもあちこちになまはげが!

男鹿半島を回るには、レンタカーを借りるのが一般的。ただし、冬は道が凍結することが多く、雪道に慣れていないドライバーには危険が伴います。そんなとき力になってくれるのが、男鹿半島の観光スポットを回る相乗りタクシー「なまはげシャトル」。
なまはげシャトル

こちらが「なまはげシャトル」。前日までの予約が必要です

男鹿駅から乗り込み、約20分で、なまはげのふるさとである真山地区へ。
まずはこの地区の氏神さまである真山神社にお参りします。
真山神社

真山神社は男鹿の信仰世界の中心となる古社

「なまはげ柴灯まつり」は900年以上前から真山神社で行われている神事「柴灯祭(さいとうさい)」と、なまはげを組み合わせた観光行事として、1964年に始まりました。今では男鹿の人々にとって、大みそかのなまはげ行事と並んで大切な祭りとなっています。
真山神社 石段

「なまはげ柴灯まつり」の際には松明(たいまつ)を持ったなまはげたちが、この石段を下りてきます

神楽の奉納や、なまはげ行事の再現のほか、なまはげ踊りやなまはげ太鼓といった観光客向けのイベントも披露されます。その迫力はかなりのもので、近年は海外からの観光客からも人気を集めているとか。
なまはげ柴灯まつり

1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy