体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia PとXperia solaの開封映像

 Xperia 2012年モデル「Xperia P」と「Xperia sola」の製品版を使った開封映像がSony Mobile RussiaのYouTubeチャンネルで公開されています。Xperia Pはアルミユニボディの筐体に、4インチqHDディスプレイとST Ericssonの1.0GHzデュアルコアプロセッサを搭載したハイエンドモデルの一つ。屋外でも高い見やすい“WhiteMagic”ディスプレイが大きな特徴となっています。価格は€399(Amazon.de価格)。Xperia solaは3.7インチ画面のコンパクトなデュアルコアスマートフォンで、画面に触れずに操作できる”Floating Touch”技術を搭載したところが大きな特徴となっています。価格は€333(Amazon.de価格)製品箱はXperia Sと同じSonyデザインとなっています。どちらもAndroid 2.3での発売となりますが、Android 4.0(ICS)にアップグレードされる予定です。そのことが箱にも記載されています。また、どちらもNFCにも対応しますが、Xperia solaにはNFCタグ「SmartTags」が付属するものの、Xperia Pには付属しないようです。Xperia Sのように地域によっては付属しているかもしれませんが(ショップが付けるかどうかにもよりますね)。Source : Sony Mobile Russia



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Sの新モデル「Galaxy S Advance(GT-I9070)」が発売
Galaxy S3の縦サイズは定規で測ったところ130mmらしい、画像が流出
HTC One XLには32GBモデルもあり

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。