体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランク・オーシャン、人気急上昇中の俳優ティモシー・シャラメにインタビュー

フランク・オーシャン、人気急上昇中の俳優ティモシー・シャラメにインタビュー

 ブレイク中の米俳優ティモシー・シャラメが、VMan誌の特集で憧れのアーティストだというフランク・オーシャンにインタビューされた。

 電話で行われたインタビューの冒頭で彼は、「とてもワクワクしてる。とにかく大ファンなんだ。自分の声を落ち着かせてなるべく普通に会話できるかすごく試されるな」とオーシャンに伝え、興奮を隠せない様子だ。

 ティモシー・シャラメは現在22歳。主演している『君の名前で僕を呼んで』で【第90回 アカデミー賞】<主演男優賞>にノミネートされている注目の若手だ。フランク・オーシャンは以前『君の名前で僕を呼んで』を称賛するコメントを出しており、このインタビューでも主人公の青年エリオを演じたシャラメに、「これはとても特別な役で、ポピュラー・カルチャーの中で今が好都合で適切なタイミングだ。これが出世作になったことは君にとってもいいことだと思う。完全に小規模かもしれないけれど多くの人々の間で話題になるような、これほど心がこもっていて弱さも見せるこういう役を最初からやっておくのはきちんと基礎を築いているということだ」と直接伝えている。

 二人は他にもニューヨークとロサンゼルスのオススメのレストランや、最近『エレンの部屋』で公開されて話題になった高校当時のラップ動画について、ホアキン・フェニックス愛、そして時にはヒーロー映画にも出演する必要がある理由などについて語り合った。途中、シャラメがオーシャンの「Seigfried」の歌詞をスラスラと引用し、「やめてくれよ」とオーシャンが笑いながら止める一幕もあり、終始リラックスしたやりとりが続いている。

 『君の名前で僕を呼んで』は2018年4月27日に公開される。

関連記事リンク(外部サイト)

フランク・オーシャン、『エンドレス』のフィジカル盤/VHS/DVDを発売
フランク・オーシャン、新曲「Provider」を公開
【FYF Festライブ・レポート】フランク・オーシャン、プロ根性をのぞかせた斬新かつインティメイトなステージ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。