体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

及川卓也氏がグッドパッチのアドバイザリーボード就任―エンジニアリングとデザインの垣根を越える

デザインに興味を持ったきっかけ

ひらい:私は大学生のときからJavaを使っていて、新卒で入社したSIerで、JavaやLinuxを使った業務システムやインフラの構築をしていました。ずっとエンジニアをやっていたのですが、美術館巡りをしたりフォントについて調べたり、アートやデザインは好きでした。

ただ、SIerにいると周りにデザインを専門に担当する職種の人はいないし、デザインの価値を強く意識することはあまりなかったんですね。

その後、カカクコムに転職して「食べログ」の開発を担当するようになると、デザイナーとディスカッションしながらWebを設計して実装するというのが当たり前になりました。そこで、デザインへの興味がより明確になってきたんです。

例えば、エンジニアとしてはデータベースをどのように設計すると、システムにとって最適な構造になるかといったことを考えていました。そこから情報をわかりやすく伝え、受け手が情報を探しやすくするための情報設計、インフォメーション・アーキテクチャ(IA)にも関心を持つようになりました。

株式会社グッドパッチ 執行役員 CTO ひらい さだあき氏

及川:ちょうどWebの世界ではHTML5の規格策定が進んでいたころですよね。HTML5が正式に勧告されるのが2014年10月のことですから。

ひらい:そうなんです。モバイルファーストとかレスポンシブウェブデザインという言葉もよく耳にするようになり、Webやスマホの世界が大きく変わる予兆を感じていました。だったら、いっそのこと、これまでの経験を踏まえ、エンジニアだけれど、もっとデザインに関われる環境に行きたいなと思って、2015年1月にグッドパッチに転職することになります。

及川:私はひらいさんがグッドパッチに転職されることは存じ上げていて、グッドパッチでどんな仕事をされるんだろうとウォッチしていたら、入社1年後にはCTOに就任された。

ひらい:CTOになって初めて取り組んだのは、グッドパッチのエンジニアは何をする仕事なのかを定義すること、つまりミッション・ステートメントを策定することでした。社内のエンジニアとたちと議論し、それをワーディングしていきました。

グッドパッチにはビジョンとして「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」というのがあります。そのビジョン実現のために、エンジニアは何ができるのか。一言でいえば、「エンジニアはデザインと技術をつなぐ仕事だ」ということ。

その言葉には単に技術が高いだけでなく、技術を使ってどういうデザインにつなげていくかまで考えてほしいという思いが込められています。データとユーザーの間に立って、かつ技術の力でよりよいユーザー体験を作り出すのが、グッドパッチのエンジニアだと思ってるんです。

最近は、会社全体で「OKR(Objective and Key Result)」を導入しています。

例えば、一人のエンジニアがSketchのプラグインを開発するという目標を立てたとします。単にエンジニアとして面白そうだからそれを作るというだけでなく、そのプラグイン開発が「デザインの力を証明する」という会社全体のミッションにどういう成果をもたらすかが、OKR導入後はより意識されやすくなったと思います。

エンジニアとデザイナーの間にもっと共有言語を

及川:私はこれまでの経歴の中で、エンジニアとプロダクトマネージャーの両方をやってきました。とりわけプロダクトマネージャーの仕事はUXデザインと密接にからむものです。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。