体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平形めし茶碗50種とうつわ60種が集結! 森正洋デザインの器展、開催中

morimasahiro-utsuwato-hiragatameshichawan_saga_01

東京店では2年振りの開催

2018年2月13日(火)まで、東京の「D&DEPARTMENT TOKYO」にて、「 森正洋のうつわと平型めし茶碗 (佐賀県)」が開催されています。

本会場では2年振りの開催となる陶磁器デザイナー・森正洋氏のうつわ展。彼が生み出した「平型めし茶碗」50種と、1960年に第1回グッドデザイン賞、77年にロングライフ賞を受賞した「G型しょうゆ差し」をはじめとした森氏の器60種が展示・販売されます。

森氏は佐賀県に生まれ、長崎県波佐見にある陶磁器メーカー・白山陶器で活躍しました。時代や生活の変化に対応した製品を生涯つくり続け、多くのロングライフ商品を残しています。

「平形めし茶碗」は生活の変化に着目し続けた中から生まれた製品のひとつ。従来の茶碗とは異なり、大ぶりで浅いのが特徴です。使用目的を限定せず、使い方で使う人の個性を活かしたいという森氏の想いが形になったもので、1992年の発売から蓄積された釉薬のデータを基につくられていった絵柄は、現在300種類以上にものぼります。

「ねじり梅」「錆千筋」「染付地紋」「マルティーブルー」「うず潮」など、1960年代に誕生し、今でも生産し続けている食器シリーズも森氏のデザイン。展示を見る中で、実家で何気なく使っていた器が森氏のデザインしたものだったと気づくこともありそうです。

世の中に何が必要なのかを常に考えながら、食卓に並ぶ器をつくり続けた森氏の思想と、それを形にした産地の技術を、間近にご覧ください。

morimasahiro-utsuwato-hiragatameshichawan_saga_02 広く長く愛されている「平型めし茶碗」。径が大きく、浅さが特徴です。 morimasahiro-utsuwato-hiragatameshichawan_saga_03 深さのある茶碗は冷めにくいですが、暖房の発達した現代では料理が冷める心配がないことから、今までにない形の茶碗が考案されました。 morimasahiro-utsuwato-hiragatameshichawan_saga_04 ご飯だけではなく、おかずやフルーツなども盛れる用途の広い器です。 morimasahiro-utsuwato-hiragatameshichawan_saga_05 長年、蓄積された釉薬のデータを元につくられた色柄は300種類以上。 morimasahiro-utsuwato-hiragatameshichawan_saga_06 茶碗裏には森氏の頭文字である「も」印が。

森正洋のうつわと平型めし茶碗 (佐賀県)

会期:2018年1月5日(金)~2月13日(火) 12:00~20:00(最終日~17:00)

会場:D&DEPARTMENT TOKYO

詳細:http://www.d-department.com/jp/archives/shops/52389

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

布にまつわる作り手が60組以上! 魅惑のテキスタイル製品が集う「布博」、東京と京都で開催
50〜60年代の北欧ヴィンテージ家具が約150点「クラシックファニチャーコレクション」開催中
名作スツールのカタチを紐解く「BUTTERFLY STOOL 60th カタチの原点」展

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。