体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人工知能が独自の生態系を構築!?スペインのテクノロジースタジオが提案する「ロボット生息地」がなんだかスゴイ

ディープ・ラーニングが発達したおかけで、AIのパフォーマンスも急激な進化を遂げることができた。その裏で懸念されているのが、人工知能による人間社会の侵略。人の仕事を奪うばかりか、その存在すらむしばんでしまうのでは、という危機感が常につきまとっている。

それなら、ロボット自身が別の生態系を作ればいいのではないか。大胆な発想を掲げたのは、バルセロナを拠点に活動するテクノロジーデザインスタジオNoumena。彼らが提案するのは、ロボットたちが自給自足で生活する「ロボット生息地」。人間の持つ資源と競合しないよう、人類の周囲に空間を見つけることで、人との共生関係を築こうというものだ。

・カメ型ロボットから始まる新たな生態系

この「ロボット生息地」の建設地として候補に上がっているのが、エストニアの無人島で、風光明媚なPaljassaare 半島。天然資源豊富なこの島で、新たな文明の台頭を試みる。その最初の一歩となるのが、生態系を作るのに必要なロボットの配置。チームが想定しているのは、カメ型のロボットだ。

皮膚(甲羅)は、複数の3Dプリントシェル。この中にコントロールシステムを内蔵する。ロボットの稼働は、キネクト・モーション・センス入力デバイスを通して、送信される仕組みだ。甲羅の中央に配置した赤い光が、キネクトによって読み取られると、コンピューターがその位置を検出。的確な指示が、処理スクリプトに返送されるようになっている。

・実現不可能ではない話!?

こうした活動を繰り返しながら、ロボットたちはやがて、新種の人工知能へと進化していく。すべての動物がそうであったように、ロボットも異なる種へ向かって、変化を繰り返す。その過程で、それぞれが特定の作業を実行する必要に迫られるだろう。環境に適応するため、探索し続け、やがて自らの力でインプットと指示を送信するようになる。

新時代の生命学とも捉えられる壮大な計画だが、これまでロボットが歩んできた道のりを考えれば、まったく不可能ではない。人類と共存する新種の誕生。そう遠くない未来に、実現するかも。

Noumena

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。