体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セブ留学ならCROSS×ROADへ!僕がたった3週間で英語力UPできたワケ

セブ留学ならCROSS×ROADへ!僕がたった3週間で英語力UPできたワケ

皆さんこんにちは。南の島の旅する医学生あっきーです!

旅に興味がある人もない人も、語学学習に興味がある方は多いと思います。とはいえ勉強法の選択肢はたくさんあるため、それを決めることさえ一苦労ですよね。

今回、フィリピンのセブ島にある少し特殊な語学学校CROSS×ROADへ留学をしてきました。3週間という短い期間でしたが、英語力を伸ばすことはもちろん、英語の習得と同じくらい、もしくはそれ以上に特別なモノをCROSS×ROADでの留学で得ることができました。

皆さんの語学学習の参考に、その経験を紹介させていただきます。

 

旅人達の英会話スクール

私が訪れた語学学校CROSS×ROADは、運営スタッフにも生徒にもたくさんの旅人が集まっています。

新婚旅行で世界一周をした素敵な夫婦によって運営がなされていて、旅を終えた人、途中の人、これから旅立つ人で溢れ、その様子は「旅人達の英会話スクール」と呼ばれています。もちろん旅とは全く違う切り口でCROSS×ROADにたどり着いた人もたくさんいます。

いずれにせよ共通点として言えることは、人生の背景を別にした魅力的な人達が集まっているということです。全く違う世界で生きてきた人達が人生の途中でこの学校に集まり、英語を学びながら一時の生活を共にしているのです。

それはまさにクロスロード、人生の交差点のようでした。

この魅力的な人達との出会いは想像を遥かに超えていました。それは旅や人生の経験値としての尺度だけでなく、楽しむこと、感謝すること、仲間を想うことや時間を共にすること。言葉で分かっていても、おざなりにしてしまいがちな温かさに触れるものでした。

当たり前だと思ってしまっているからこそ、考え直すのがとても難しいことです。

 

英語力は伸びるのか?

3週間という短い期間でしたが、十分に成長を実感できるほど英語力を伸ばすことができました。授業は全てマンツーマンで行われ、CROSS×ROADのフィリピン人の先生は英語指導のプロフェッショナルです。

みんな日本が大好きで日本人の性格や文化について熟知しているため、私たち日本人の言わんとしていることを汲み取り、日本人に合った表現や例文で指導してくれます。

そしてカリキュラムは一人一人のレベルに合わせて、同じくプロの日本人スタッフの方々からアドバイスを受けながらいつでも作り変えていけます。

1つ注意点としては、CROSS×ROADにはほとんど規則がありません。学校内は日本語が飛び交っていますし、毎週行われるチェックテストも個人に管理が任されています。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。