体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バレンタイン目前!お相手別「チョコ選びのコツ」

バレンタイン目前!お相手別「チョコ選びのコツ」
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。2月6日(火)のオンエアでは、ギフトコンシェルジュの真野知子さんをお迎えしました。

真野さんは、ギフトにまつわる商品企画やプロデュースを手がけ、テレビやラジオ、雑誌などで活躍しています。まず今年のバレンタインの傾向を伺うと、花札柄、日本画などをプリントしたジャポニズム系が多いとのこと。また、SNS映えを意識したものも目立ち、ホテルメイドのチョコレートも見た目が華やかでフォトジェニックなものが多いとのこと。高級ホテルのチョコでも、手頃な価格帯のものがあるそうなので、チェックしたいですね。

続いて、相手によって変えたいチョコ選びのコツを伺いました。バレンタインは男性だけではなく、女性から女性へ贈ることも増えています。目上の女性に送る場合、美しいものや華やかなもの、また老舗の商品がオススメだそう。

女性から男性の場合は、有名パティシエといってもわからないこともあるので、誰もが知るブランドの商品を贈るのがいいのだとか。真野さんが例として別所に贈ったのは、イタリアの高級ブランド、ブルガリのチョコレートでした。

またカードを添えて「どういう意図があってプレゼントを選んだか」を伝えるひと手間も、贈り物の鉄則。直筆で一言添えるだけで、気持ちがより伝わります。

バレンタインのあとはホワイトデーがやってきますが、ホワイトデーの「喜ばれるお返し」も訊きました。

「普段使いよりも背伸びした価格帯のもの、ブランドものが女性には喜ばれる」と真野さん。具体例としてあげたのは「シャネルのコットン」。一枚一枚にシャネルのロゴがついていて「ロゴの威力が絶大」とのこと。1000円と、ギフトとしてはお求めやすい価格ですが、普段使いのコットンとしては高級品なので、“小ワザの効いた贈り物”と言えるでしょう。

他にもホテルメイドのものや、ホテルで過ごすアフタヌーンティー、ホテルのスパのチケットなどは、女性全般、年齢を選ばず喜ばれる、気がきいたギフトとのことでした。

番組ではそのほかにも、バースデーギフト、ソーシャルギフトなどの話も伺いました!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。