体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アップル、新たなスタイラスペンの特許を申請!今度は空中で落書きができる!

アップル社が、新型スタイラスペンの特許を申請しているらしい。

・空中で落書きもできる

報道によると、このスタイラスペンはタッチセンシティブのみならず、あらゆる表面で動作するもののようだ。トラッキングセンサーとカメラの組み合わせを使用しているため、空中で落書きすることも可能。今回の特許には、先端の力覚センサーによる監視と“電磁気ベースまたは音響ベースの三角測量システム”を利用したトラッキングで動作すると、記載されている。

このペンは、例えば3D図面を作成するときなどに、大いに活躍するだろう。空中に3D円筒を描き、作業をしながら、コンピューター画面に、図面を表示させることができる。2D画面に限定されないところが、従来品とは大きく異なる点だ。

・サムスンやモレスキンに対抗!?

同社ではすでに現行品として、Apple Pencilを販売しているが、使用できる機種は今のところ、iPad Proに限られている。一方、サムスンのS Penや、モレスキンのPen +は、スマートフォンで使えて汎用性も高い。そこから推すと、アップルもiPhoneでの利用を視野に入れて、特許を申請したと考えられなくもない。

しかし、これはあくまで特許申請された、というだけの話。実際に製品がリリースされるかどうかはまったくわからないので、あまり期待は持たないように。

souce by THE VERGE

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。