体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大塚 愛 ピアノ弾き語り作品の収録曲7曲にコメント

大塚 愛 ピアノ弾き語り作品の収録曲7曲にコメント

 2018年2月7日にリリースとなった、大塚 愛の自身初となるピアノ弾き語り“スタジオライブ”作品『aio piano』。収録曲7曲に関する本人コメントが到着した。

 シンガーソングライターとして楽曲制作にあたり、ピアノ弾き語りのデモ制作から始まり、数々の名曲を生み出しきた大塚愛。今年で5回目の開催となるピアノ弾き語りライブ【AIO PIANO vol.5】のツアーに先駆け、“スタジオライブ“という一発録りスタイルで挑んだ本アルバムに関しては、「楽曲の元々の姿、エピソードゼロを披露するような感覚」と表現し、「それぞれの楽曲の持ち味を一番シンプルな形で届けたい。」と語り、公式Instagramでも「いびつで決して美しくはないですが、これが今の私です。」と語っている。

 なお、2月10日よりスタートするピアノ弾き語りライブ【AIO PIANO vol.5】の各会場では、CD+スペシャルドリンクのセット販売も実施。更にCD購入者には、ステージに上がり、間近で大塚 愛のライブを1曲聴くことができる抽選の権利が与えられる。

◎収録曲7曲に関する本人コメント
「星 -せい-」
阿智村にできた「ACHI BACE」に向けたBGMとして作ったので、その空間に合うようにと心掛けました。
神秘と壮大を感じられるようなメロディーにしています。
映像としては、海に浮かぶ月に戯れる星から物語が始まります。

「ユメクイ」
オリジナルはミディアムテンポでありながら、前に進む明るい印象ですが、メロディーだけを見ると切ないです。
映像としては、オルゴールを聞きながら猫をなでるおばあちゃんです。

「HEY!BEAR」
このアルバムを作るとなった時、まずこれを選びました。
とっても切ないなと、オリジナルを作っている時から思っていたので。
アルプスで歌う少女を想いうかべてます。

「金魚花火」
元々ピアノの印象もある定番曲です。
「そうだ 京都、行こう!」を言いたくなるような仕上がりです。笑

「日々、生きていれば」
長らく弾き語りでやっていたので、おなじみの曲です。
今回は「祖父が残してくれたピアノ」というイメージでやってみました。

「恋愛写真」
この曲もピアノ曲の印象が強いので、スタンダードな1曲です。
恋したくなる1曲ですね。

「ネコに風船」
いつかのテレビ出演の際に、弾き語りでやらせてもらいました。「テレビ」ということで、やはりヒット曲を歌って下さいとなり「プラネタリウム」もやりましたが、終わってみると感想のほとんどはこの「ネコに風船」の方で、まんまと「プラネタリウム」を食ったのです。ピアノの先生からも感動したよとメールを頂きました。

◎リリース情報
ミニアルバム『aio piano』
2018/02/07 RELEASE
<CD>AVCD-93802 / 1,800円(tax out)

◎ツアー情報
ピアノ弾き語りライブ【AIO PIANO vol.5】
2018年2月10日(土)名古屋・NAGOYA Blue Note
2018年2月12日(月・祝)大阪・Billboard Live OSAKA
2018年2月17日(土)横浜・Motion Blue yokohama
2018年3月02日(金)東京・COTTON CLUB

◎ライブ情報
デビュー15周年アニバーサリーライブ【LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~】
2018年9月09日(日)日比谷野外音楽堂

関連記事リンク(外部サイト)

大塚 愛 ピアノ弾き語り作品に名曲&初収録ナンバー収録! ジャケ写も公開
大塚 愛 安室ちゃんの影響で引退諦める!? 娘も「絶対辞めちゃダメ」そして救世主になる楽曲制作へ……デビュー14周年総括インタビュー公開
大塚 愛「この年齢になって「セーラー服着て歌いなさいよ」って言われているようなもの」とは? デビュー14周年企画第8弾

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy