体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年こそ改善したい! ダラダラ脱却のためのダメ部屋改善ポイント5

一人暮らしは自由で楽しい。しかし、自由であるがゆえ、どこまでも自堕落に暮らすこともできてしまう。せっかくの休日、ベッドの上でダラダラと「何もない不毛な一日」を過ごし、貴重な時間を溶かす悪習。そこから脱却したいと考えている人も多いだろう。ついつい部屋でダラダラしてしまう

ついつい部屋でダラダラしてしまう

「人がダラダラと過ごしてしまう部屋には、いくつかの悪しき特徴があります」
そう語るのは、生活総合情報サイトAll Aboutにて「収納」の情報を発信している、片づくおうちプランナーのすはらひろこ氏。

そこで、ダラダラの温床となりがちなダメ部屋の特徴と改善ポイントについて、すはら氏に伺った。改善ポイント①:目的ごとにスペースの切り分けができていない特にベッドで食事をするのはタブー

特にベッドで食事をするのはタブー

「“ダラダラ部屋”の多くは生活スペースの切り分けができていないことが多いですね。最もよろしくないのは、ベッドの上やその周辺に全ての生活機能が集約してしまうことです」(すはら氏)ワンルームや1Kなど、一人暮らし用の狭い空間は、部屋が一つであるため「寝る場所」、「くつろぐ場所」、「食事をする場所」の全てがごちゃ混ぜになってしまいがちだ。睡眠の延長のように食事をしたり、そのままくつろいだりすると暮らしにメリハリが生まれず、結果として、ついだらけてしまうという。

改善点としては、一つの部屋であっても細かく部屋の場所によって役割を切り分けるのが良いという。食事をする場所、寝る場所、着替える場所、くつろぐ場所、などと目的と役割を部屋の部分ごとに切り分けて生活してみよう。改善ポイント②:寝たままテレビが見られる目覚めと同時にテレビをつけ、そのままダラダラ……そんな習慣ができていないだろうか?

目覚めと同時にテレビをつけ、そのままダラダラ……そんな習慣ができていないだろうか?

「ベッドとテレビを平行に配置し、寝たままベッドが見られるようになっているのもよくないですね。目覚めたらとりあえずテレビをつけて、寝転がったまま1~2時間ぼーっと過ごしていると、ベッドに居座る習慣ができてしまいます」(すはら氏)たしかに楽なこともあり、寝た状態でテレビが見られるように配置してしまいがちだ。しかし、すはら氏によると、ベッドの死角にテレビを配置し、とにかく一度ベッドから動かなくてはテレビが見られない状況を作るだけで、生活習慣はかなり変わってくるという。改善ポイント③:椅子がなく床に座る床はベッドの延長。やはりダラダラの温床になりがち

床はベッドの延長。やはりダラダラの温床になりがち

「イスがなく床に直に座るのも、あまりオススメしません。床に近いところに座ると立ち上がるのが億劫になりますし、一度そこに落ち着いてしまうと、床の周りに色んな生活用品が集まってきてしまいます」床に座る生活をしていると、立ち上がるのが面倒になるうえ、どんどん自分のいる床周辺にモノを置いてしまう。そして、あれこれダラダラしているうちに乱雑に散らかってしまう。結果として、ますます自堕落になってしまうのだ。

すはら氏によれば、作業をしたり食事をする場所は、コタツやローテーブルではなく、小さくてもいいので高さのあるデスクとイスを用意するのがいいという。改善ポイント④:汚部屋である生活が荒むと、なおさら無気力に。まずは汚部屋脱却を
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。