体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世は唐揚げ戦国時代!「伝説のすた丼屋」が鬼盛り唐揚げメニューを全国で販売開始

「安くて旨いものをハラいっぱい食べて頑張ってほしい」というコンセプトのもと、これまで数多のハラヘリ達を満足させてきた「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」。そんな“ガッツリ系”の殿堂が、2月1日より「伝説のすたみな唐揚げライス」の全国販売(一部店舗除く)を開始しました。
「伝説のすたみな唐揚げライス」は、トライアルとして一部店舗で販売したところ、単品を含め約20%のお客様から注文があったというメニュー。全国のすた丼屋ファン、唐揚げファンにとって今回の全国展開化は、まさに「待望の」とも言えるものです。
居酒屋に行けばとりあえず唐揚げ・・・そんな唐揚げ好きの筆者も、さっそく「伝説のすたみな唐揚げライス」のお味見に行って参りました!
画像①
「伝説のすたみな唐揚げライス」は、「鬼盛り(目安8個)」780円、「超鬼盛り(目安12個)」980円、「ミニ鬼盛り(目安6個)」700円の3種類を展開(お持ち帰りはプラス10円)。
今回は初めてということで、レギュラーサイズにあたる「鬼盛り」を注文しました。
そして、運ばれてきたのがこちら!
画像②おぉ・・・!
画像③山かな・・・?
唐揚げだけでなく、キャベツも山盛り。別添えのマヨネーズやおろしポン酢のほか、お味噌汁やたくあんが付いてくるのも嬉しいところです。
それでは冷めないうちに、いただきます!
まずはそのままで、お次ぎはマヨをつけてコッテリ、その後はポン酢をつけてサッパリ・・・(以下ループ)。
鶏モモ肉を漬け込む特製ダレは、すた丼の“秘伝のニンニク醤油ダレ”をベースに生姜・酒を合わせたというシロモノ。
パンチが効いた唐揚げに、どうにもご飯が止まりません。はじめはその量に驚愕した筆者ですが、あっと言う間に・・・
画像④
完食!ごちそうさまでした!
サクサク&ジューシーでしっかりと下味のついた唐揚げは、胃袋が許す限り何個でも食べたくなる逸品。このクオリティと量で780円は、コスパ◎と言えるでしょう。
この「すたみな唐揚げライス」のほか、「すたみな唐揚げ丼」も販売。
また、「すたみな唐揚げカレー」も新登場。こちらも気になるところです。
世の唐揚げブームに一石を投じる、渾身の鬼盛りメニュー。ぜひ一度、皆さんもご賞味あれ。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【裏わっきーTV】#21 300度を超える“噴火する”ラーメン!?石焼らーめん火山 下北沢店
【ロケ弁】フジテレビ「アウト×デラックス」の出演者が食べているメニューは、これだ!
彦摩呂のグルメ名言集!

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。