体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「コンパクトカーだと小さすぎ。でもミニバンだとデカすぎ!」というご家族に教えたい、BMWの「ちょうどいい」5ドア!

▲「ミニバンほどはかさばらず、かといってコンパクトカーのように手狭でもない」という車を探しているご家族もいるかもしれません。そんなときはコレ、BMW 2シリーズ アクティブツアラーなんてどうでしょう?

▲「ミニバンほどはかさばらず、かといってコンパクトカーのように手狭でもない」という車を探しているご家族もいるかもしれません。そんなときはコレ、BMW 2シリーズ アクティブツアラーなんてどうでしょう?

BMWの低走行車でも、総額は手頃な国産新車並み

国産車でも輸入車でも、今の世の中にはナイスなコンパクトカーがたくさんあります。しかしライフスタイルや家族構成などによっては「小型車だと少々ツラい」という人も多いでしょう。

じゃあその代わりに3列シートのミニバンにするか? というと、それはそれで「ちょっと大きすぎ。あそこまでのサイズは不要」となる場合もあるはずです。

そんな感じのご家庭の間で、「ちょうどいい」でお馴染みの5人乗りコンパクトミニバン、ホンダ フリードがけっこう売れているわけです。

フリードはフリードでかなりステキな車だと思います。しかしアレの新車を買うのとほぼ同じような予算で、いや、もしかしたらさらにお安い総額で、似たような使い勝手の輸入車が買えるとしたらどうでしょう?

それもただの輸入車ではなく「BMW」が買えるとしたら?

もちろんその場合のBMWは新車ではなく中古車になるわけですが、ここで言っているのは何万kmも使い込まれたような中古車ではありません。

せいぜい走行1万km台までのBMWが支払総額180万~220万円ぐらい、つまり「国産コンパクトミニバンの新車を買うのと同じような総額」で今、狙えてしまうのです。

そのBMWの名前は「2シリーズ アクティブツアラー」といいます。

▲こちらがBMW 2シリーズ アクティブツアラー。ゆったりとしたサイズのやや背が高い5ドアハッチバックで、サイズ感としてはメルセデス・ベンツのBクラスとおおむね似ています

▲こちらがBMW 2シリーズ アクティブツアラー。ゆったりとしたサイズのやや背が高い5ドアハッチバックで、サイズ感としてはメルセデス・ベンツのBクラスとおおむね似ています

その居住空間の広さ、特に後席付近はかなりのモノ

2シリーズ アクティブツアラーは、2014年10月に登場した背の高い5ドアハッチバック。

BMWはこの車のことを「スポーツ・アクティビティ・ツアラー(SAT)」と呼んでいますが、要するに「実用や余暇にもガンガン使えて、それでいて走りも十分スポーティな車」ということでしょう。

ボディサイズは全長4350mm×全幅1800mm×全高1550mm。もしもホンダ フリードと比べるなら、全長はフリードよりちょい長くて全幅も10cmぐらい広く、しかし全高は16cmぐらい低い……といった感じです。

この全高の低さは、居住性という点ではややマイナスかもしれません。しかしその分、「たいていの立体駐車場には入れられる」という大きなメリットにもなります。また「1550mmもあればおおむね十分」という見方だってあるでしょう。

そして実際、BMW 2シリーズ アクティブツアラーは十分以上の居住空間を備えている車です。

いやもちろん、大ぶりなミニバンとかと比べちゃうとそうでもないのですが、比較的小ぶりな車のなかではかなりのものです。

特にリアシート周辺は相当の余裕があります。後席は前後130mmのスライドが可能で、3分割となる背もたれの角度も3段階に調整できます。

さらに言えば、荷室の容量は通常時(5人乗車時)でも468Lとなかなかデカく、最大で1510Lまで広げることも可能。

大家族ではないコンパクトめなご家族のファミリーカーとしては、どう考えても必要十分であることが予想されます。

▲BMW 2シリーズ アクティブツアラー2015年モデルのインパネまわり。写真は本国仕様なので左ハンドルですが、日本仕様は全車右ハンドルです。この落ち着いた高級感はやはりBMWならではの持ち味だといえます
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。