体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボーイング、航続距離7130キロの最新中型機「737 MAX 7」をお披露目

米航空大手のボーイング社は、同社の最新中型ジェット機となる「737 MAX 7」のプロトタイプを米ワシントン州のレントン工場でお披露目した。

エアバス社の「A319neo」に対抗するモデルで、航続距離は7130キロメートル。従来の737-700型機に比べ1座席あたりの燃料コストを18%も抑制している。

数週間以内にテストフライトを開始し、2019年にも運用される見通しだ。

・効率的に遠くへ

エアバスもボーイングも最近は短・中距離用の航空機の開発に余念がない。高度な航空機システムを導入し、燃費効率の向上なども図られている。

今回の737 MAX 7にも最先端のテクノロジーが盛り込まれている。燃料消費率を改善したエンジンを搭載し、ウィングのデザインも空気抵抗を少なくできるよう改良。航続距離をのばしつつ燃料コストを抑えている。

ボーイング社によると、737 MAX 7はA319neoよりも12人多い乗客172人を運ぶことができ、航続距離は400マイル(約644キロメートル)長い。そして1座席あたりの燃料コストは7%少ないのだという。

・路線設計を柔軟に

航空会社にとっては、燃費がいいのはもちろん大歓迎。加えて、航続距離が伸びるのも大きな魅力だ。というのも、遠くの都市へと乗客を運ぶことが可能になるので、柔軟に路線設計できる。

737 MAX 7はまずはサウスウェスト航空で2019年から使用される見込み。日本の航空会社でも今後、同機を導入する動きが出てきてもおかしくなさそうだ。

Boeing

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。