体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホから呼び出せる 財布やカードケース用のBluetoothファインダー「Tile Slim」のレビュー

世界的に多くのユーザーを抱える Bluetooth ファインダー「Tile」シリーズのお財布・カードケース用となる「Tile Slim」のレビューをお送りします。Tile シリーズは名前の通り床タイルのワンピースような外観が特徴的なシンプル設計の Bluetooth ファインダーです。Bluetooth LE でスマートフォンと繋がり、スマートフォンアプリで Tile を取り付けたモノの在り処を記録する他、電波圏内であれば相互に音を鳴らし合うことで、自宅やオフィスで見失った Tile を付けたモノ、あるいはスマートフォンのアラームを鳴らすことができます。Tile には取り付けるモノに合わせて数種類あり、例えば、鍵やバッグに取り付けるならストラップホールの付いているオリジナルの Tile、今回のように財布やカードケースに忍ばせておくなら薄型の「Slim」、スポーツやファッションにマッチし 2 倍のバッテリー持続時間を備える「Sport」や「Style」などもあります。また、パートナープログラムにより Fossil の財布やHerschel のキーホルダーの一部製品にも予め Tile の機能が内蔵されており、ラインアップが豊富で、ユーザーの用途に合わせて選ぶことができます。私は出歩くことが多いので、財布を見守りさせたいと思い Tile Slim を選びました。Slim は私の小さな財布のカード入れにさえ収まる薄さで、幅もクレジットカード等の短い方に合わせてあるので財布やカードケースへの収納性は抜群です。また、本体上の Tile ロゴはボタンになっており、押すとスマートフォンでアラームが鳴り、逆にスマートフォンアプリ上の「探す」ボタンをタップすると Slim 側でアラームがなります。Tile アプリはもちろん日本語に対応しています。そして Tile 入りの財布を持ち歩いた場所を随時記録し、もし置き忘れたなどで電波が途切れると通知し、アプリ画面で「いつの時点までどこにあったのか」を簡単に遡ることができます。この機能は他の Bluetooth ファインダーと大して変わりません。また、もし Tile を入れた紛失物の近くを他の Tile ユーザーが通り過ぎるとアプリの位置情報が更新されます。実際にテスト中にも一度だけ更新されたので、失くした場所によっては「みんなで探す」もちゃんと機能するようです。アプリには周囲数 km 圏内にいる Tile ユーザーを表示します。スクリーンショットをご覧のように私の周囲には意外と多くの Tile ユーザーがいましたので、この人数なら「みんなで探す」の実用性は高いと思います。本来の役割からは少しそれますが、Tile のアラーム音は昔のポケットゲーム機のような 8 ビット音楽で、けっこう心地よいです。音量はさほど大きくありませんが、自宅内や近場にあるものを探すには十分なレベルです。ちなみにアラーム音は変更可能で、別の音にすることもできます。Tile の魅力は高価な GPS 入りではない通常の Bluetooth ファインダーとしての機能を完備している点と、ユーザー数が多く他のマイナーな製品と比べるとユーザー連携機能がまともに機能する点です。用途に応じてスタイルを選べることも魅力の一つとも言えます。Tile Slim の価格は Amazon だと 4,680 円と少し高めなので購入を悩む方は多いと思います。バッテリーの交換はできませんが、約 1 年間持つとされているので、元は十分取れると思います。

■関連記事
YouTubeの視聴履歴がアプリで簡単にアクセス可能に
バレンタインデーのプレゼントにピッタリ OnePlus 5T Lava Redが登場
宇宙をモチーフにしたXperiaテーマ「Live in Space」が期間限定で無料配信中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。