体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全精力を使い尽くしてしまった出産。唯一の心残りは… by すがたひかる

初めまして!

すがたひかる(ひー)と申します。

現在、私ひかると夫のしげあき、そして1歳の息子けーちゃんの3人で暮らしております。

f:id:akasuguedi:20180201095152j:plain

赤すぐみんなの体験記では、妊娠・出産の思い出を漫画にしていきますので、よろしくお願い致します♪

今回は、私の出産した時の心残りを漫画にしました!

f:id:akasuguedi:20180201095224j:plain f:id:akasuguedi:20180201095235j:plain f:id:akasuguedi:20180201095244j:plain f:id:akasuguedi:20180201095253j:plain f:id:akasuguedi:20180204071805j:plain f:id:akasuguedi:20180201095312j:plain f:id:akasuguedi:20180201095324j:plain f:id:akasuguedi:20180201095336j:plain f:id:akasuguedi:20180201095351j:plain f:id:akasuguedi:20180201095413j:plain

私の出産の心残りは「生まれたばかりの我が子を抱っこした写真が取れなかったこと」でした。

私が出産した病院では、生まればかりの我が子を抱っこした写真を撮り、アルバムにして貰えるのですが・・・

出産直後の私は、口もきけず手も動かせず、無表情のまま、うぶ声をあげる息子を見つめるだけで精一杯(汗)

そう、私は出産で疲れすぎて「無」になってしまったのでした・・・

でも写真が撮れなかったのが心残りと言えるくらい、他に特筆するようなトラブルもなく無事に生まれてきてくれたということ!

とってもありがたいことですよね。

出産をサポートしてくださった産婦人科のスタッフの方々、最初から最後まで立ち会ってくれた夫、そして頑張って生まれてきてくれた息子には、本当に感謝です!

ちなみに出産時に写真を撮れなかったので、代わりに退院の時に息子を抱いた写真を撮っていただき、アルバムにして貰いました♪ 関連記事:パーリー会場さながらの分娩室で横たわる、産後廃人の私。産前産後に理不尽だと感じた5つの事 by もものしか

f:id:akasuguedi:20180204071718p:plain

著者:すがたひかる

年齢:20代後半

子どもの年齢:1歳

2016年冬に息子のけーちゃんを出産したのをきっかけに、インスタグラムで育児漫画を描き始めました。ブログ「へんをはぐくむ」では、家族とのへんてこな日々を漫画でつづっております。

インスタグラム:@hen8996

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

テニスボールよりもいい?いきみ逃し中のベスト尻ポジションにはまったアレ by さやかわさやこ
クリスマス&年明けすぐの誕生日。我が家の年末年始は本気で財布が瘦せ細る by tomekko
叫んじゃうのも仕方ない!痛いものは痛い!!!出産で一番痛かったのは… by 笹吉

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。