体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Ricky、主催イベント『SOLODIERS』への熱い意気込みを語るインタビュー公開

ソロアーティストでありながら、DASEIN、RIDER CHIPSのヴォーカルとしても活躍し、ロック、J-POP、特撮ヒーローソング、シャンソンなどジャンルにとらわれず幅広いシーンで活躍中のソロシンガー・Rickyが2018年2月に自身待望の主催イベントを決行する。第一弾となる『「SOLODIER’S(ソロジャーズ)」~ソロジャーに花束を~ ーVALENTINE’S NIGHTー』は渋谷REXにて開催。このイベントに込められた思い、そして熱い意気込みをインタビューした。既存の対バンイベントと違った、新しいエンターテインメントショーの片鱗を味わってもらいたい。
Ricky (okmusic UP's)
――これまでRickyさん自身が”HYPER NEO SOLOIST(ハイパーネオソロイスト)”として様々な活動を行ってきました。改めて”HYPER NEO SOLOIST”について、そして”SOLODIER”について教えていただけますか?

Ricky:”HYPER SOLO NEOIST”とは、事務所を独立する際、自分がソロイストとしての力=ソロぢからを身につけ、自立するために掲げた目標であり、自分の肩書きであり、生きるための信念であり、背中を押してくれる魔法の言葉。どこにも属さず、自分の音楽活動をセルフプロデュースする事で、できるだけ多くの知識や経験値を積み、自分が立ち上がる事で周りの人を巻き込みハッピーにしたい!と当時は考えたんですね。そのマインドは今も持ち続けています。そして”SOLODIER”はSOLOIST(ソロイスト)とSOLDIER(ソルジャー)を掛け合わせた造語です。いち個人としてこの現代社会を戦い生き抜くためのマインド、スキル、スタイルを持ち合わせた人という意味です。

――今回のイベントでは多くの”SOLODIER”が参加されます。主催を行うに至った経緯を教えていただけますか?

Ricky:実は、独立してからずっとやってみたかった事のひとつに主催イベントというのがあったのですが、なかなかその勇気が覚悟に至らないまま後回しになっていたというのが正直なところです。しかしながら、主催をやらなかった代わりに、ここ数年で様々な主旨や形態のイベントに参加する事ができました。普通の対バンからカラオケイベ、司会を立てたり、映像を取り入れたり、舞台の経験もさせて頂きました。その中で本当にたくさんの素晴らしいアーティストやパフォーマーの方々と出会うこともできました。結果的にそれらのイベント経験や多くの出会いが僕を成長させ、このSOLODIERSという発想を生み出してくれたんだと思います。今更普通の対バンを主催しても面白くないし、どうせなら今まで出会った多種多様なソロイスト達を全員集めて、全員が主役のイベントにしてしまおうと(笑)。さらにはイベントそのものにメッセージ性を持たせようと思ったんです。「生きるために戦い、戦うために生きる」これがSOLODIERSのイベントコンセプトです。

――これまでの活動があったからこそ、生まれたイベントなんですね。

Ricky:2001年にデビューし、2012年頃から「このままではいけない、そろそろ自分の人生のハンドルを自分でしっかり握らなければ!」と思うようになりました。社会人としての未熟さに耐えられなくなった感じですかね(笑)。そして2013年に独立。5足のわらじ(当時はソロ、DASEIN、RIDER CHIPS、THE MICRO HEAD 4N’S、R*A*P)で活動をしていく中で、自分のスタイルを確立し、それがHYPER NEO SOLOIST=自立した新しいスタイルのソロアーティスト

という目標と信念を生み出し、それを自ら体現、発信していく事で、色んな人を幸せにしたいと思いました。だからこそ生まれたイベントではありますね。
――さまざまな場所で、本当に数知れないほどの経験を積み、自らの目標に向かって悩み抜き、逆算し、確実に力をつけていったんですね。

Ricky:いや、それでもまだまだ全然なんです。でも待っていたって始まらない。”万全”という事はおそらく一生ないんです。それを考えていたら、多分ずっと前に進めない。だから僕は今回「満を持して」ではなく「意を決して」このSOLODIERSを企画し開催するんです。

――イベント名にはどんな想いが込められているのでしょうか?

Ricky:チーム名のようにも感じるでしょ?アベンジャーズ的な(笑) 。でもそういう事なんです。例えば格闘技でもK-1やRIZINなど強い戦士が集結して一つのイベントを作り上げてますよね。でもどんなに強くても1人の戦士だけではイベントは成り立たないし広がらない。要するに強いソロぢからと志を持ったソロイスト達がチームを組むからあれだけ大きな夢のあるイベントになるわけです。僕の周りでもこれまでは手を組むことのなかったアーティストが一丸となって大きなイベントを作ってます。やる気のないソロイストをいくら集めて組織を作っても大した事はできないでしょう。でも自分のやりたい事や目標、伝えたいメッセージを持って必死に戦ってるソロイストを集めてチームを作ったらそこに初めて本当の「チーム力」が生まれる。これはバンドもアイドルグループも会社も団体スポーツも同じですよね。世界五輪なんてそれの最たるものだと思います。だから僕は、僕のソロぢからだけでは到底できないでっかい事を、僕が信頼できるソロイスト達とチームを組んで実現しようとしてるんです。一見すごく真面目なんだけど、僕の中では子供の頃の無邪気な遊びと同じような感覚。自分が心から楽しめる仲間を集めて悪巧みをするみたいな。だって一見バカっぽいでしょ?ソロジャーズって(笑)その本気なのに本気じゃない感じがたまらなく好きなんです。そんな大人の本気と遊び心がこの「SOLODIERS」というイベント名には込められてますね。 

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy