体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

噛めば噛むほど肉汁と旨味があふれ出る、ブランド牛のサーロインステーキ

噛めば噛むほど肉汁と旨味があふれ出る、AU産サーロインステーキ
東京、神奈川、千葉などで店舗を展開するダイニングバー「Foodiun Bar 一瑳」では、新しい肉メニュー『AU産短角牛サーロインステーキ~すりおろしリンゴ醤油だれともろみ味噌バターを添えて~』を楽しめます。

噛めば噛むほど肉汁と旨味があふれ出る、AU産サーロインステーキ
このステーキに使われている『オーストラリア産短角牛』は、日本人の好みに合うような肉にするために穀物で育てられているブランド牛。噛めば噛むほど旨味があふれ出ます。

肉の旨味とすりおろしリンゴ醤油の酸味がマッチしている逸品。もろみ味噌バターをのせていただきます。八海山の香り付けもステーキのアクセントになっています。

この機会にぜひ、お肉の旨味を堪能してみてくださいね。

噛めば噛むほど肉汁と旨味があふれ出る、AU産サーロインステーキ
自家すりおろしリンゴ醤油がもろみ味噌バターとマッチ

噛めば噛むほど肉汁と旨味があふれ出る、AU産サーロインステーキ
見た目にも美しい赤身肉。程よく入ったサシが特徴です。

『AU産短角牛サーロインステーキ
      ~すりおろしリンゴ醤油だれともろみ味噌バターを添えて~』
     ・250g 2,690円(税抜)
     ・500g 4,990円(税抜)
販売店舗: Foodiun Bar 一瑳 全10店舗
http://www.d-issa.jp
開始日 : 2018年2月1日(木)

[@Press]
噛めば噛むほど肉汁と旨味があふれ出る、ブランド牛のサーロインステーキ

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。