体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【賃貸DIY】部屋に飾ろう!写真立てで作るアンティーク調ガラスケース

ガラスケースは植物を入れたり、間接照明代わりにキャンドルを入れたりとさまざまな楽しみ方ができる。透けているため圧迫感もなく、空間に馴染むインテリアだ。

金具はアンティーク調のものを採用し、土台は木製のブロックにすることでカジュアルだがカッコいい印象に。市販の完成品は高いので、DIYでリーズナブルかつ自分好みのものを作ってみよう!
部屋に飾ろう!写真立てで作るアンティーク調ガラスケース

部屋に飾ろう!写真立てで作るアンティーク調ガラスケースまずは材料と道具を用意

所要時間:約2時間(乾燥時間除く)
用意する材料と道具|アンティーク調ガラスケース

用意する材料と道具材料

・写真立て(A4、21×30cm)×4個
・板(MDF材)
・工作用の木製ブロック(60×30×15mm・8個入り)×4袋
・アンティーク調の蝶番取っ手(ネジ付)
・釘×4本
・木材用水性二ス(ウォールナット色)
・アクリルスプレー(黒)
・コットン
・瞬間接着剤(ガラス用)
・木工用ボンド
・仕上げ用ニス道具

・グルーガン
・ドライバー
・ノコギリ
・金槌
・はさみ
・ペン
・定規
・キリ作り方Step1.写真立てを解体する

写真立てをガラスと額縁に分解する。額縁に付いているガラスを外す際は、はさみの刃で挟んで引っ張れば簡単に抜ける。4つとも同様に処理する。
写真立てをガラスと額縁に分解する。分解は丁寧に|アンティーク調ガラスケース

写真立てをガラスと額縁に分解する。分解は丁寧に
分解が完了した|アンティーク調ガラスケース

分解が完了したStep.2 扉・囲いを組み立てる

解体した額縁に瞬間接着剤でガラスを固定する。そのうち2つは扉として開け閉めができるように蝶番でつなげよう。蝶番を額縁に添えてネジ穴の位置にキリで少し穴を開け、開けた穴の位置にネジを打ち込む。

ガラスと額縁を接着する際、グルーガンは使わないようにしよう。ガラスとの相性が悪いのでうまく接着できず、時間が経つと外れてしまう。また、接着剤も必ずガラスに対応しているものを使おう。
瞬間接着剤を使って……|アンティーク調ガラスケース

瞬間接着剤を使って……
ガラスを貼り付ける|アンティーク調ガラスケース

ガラスを貼り付ける
そのうち2つは扉として開け閉めができるように蝶番でつなげよう。ネジ穴の位置にまずキリで少し穴を開ける|アンティーク調ガラスケース

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy