体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

60年を経て幻の名作グランプリテーブルが復刻!

grandprix-table-revival_001

強度を上げ3サイズを展開

2017年秋、Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)から「グランプリテーブル」が復刻されました。

アルネ・ヤコブセンがデザインした名作・グランプリチェアは2017年に誕生から60周年を迎えました。1957年のミラノ・トリエンナーレに出品され、グランプリを獲得したのがその名前の由来。ヤコブセンはチェアと並行してテーブルもデザインしていましたが、こちらは生産上の問題でわずかな期間しか販売されず、その後は生産されていませんでした。

今回、「グランプリテーブル」としてそのテーブルが復刻。オリジナルデザインを踏襲しつつも強度を向上することに成功。ベニヤのテーブルトップをスチールのレールを取り付け、脚をやや幅広に変更することで、しっかりとした安定性を獲得しています。

丸みを帯びたディティールが柔らかい表情を醸す新生グランプリテーブル。3つのサイズを展開しており、ライフスタイルに合わせて選択できます。

同じ名前を冠するだけあって、グランプリチェアとの相性は抜群。その他の北欧系チェアともしっくりと馴染んでくれるはずです。

grandprix-table-revival_002 グランプリチェアとグランプリテーブル。 grandprix-table-revival_03 3つのサイズを展開。

グランプリテーブル

サイズ・価格:L1500㎜/34万6000円

L1850㎜/38万4000円

L2350㎜/48万1000円

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

新春恒例のスペシャルセール!「OZONE インテリアフェスタ2018 WINTER」今年も開催
スカンジナビアンリビング恒例のファミリーセールが“お宝探し”へパワーアップ!
素材もデザインも価格も魅力的! 人気学習机メーカー謹製のダイニングテーブル

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy