体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まもなく開幕のブラジル三大カーニヴァル! 日本で楽しめるイベントも

まもなく開幕のブラジル三大カーニヴァル! 日本で楽しめるイベントも
J-WAVEで放送中の番組「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」(ナビゲーター:滝川クリステル)。2月4日(日)のオンエアでは「カーニヴァル・スペシャル」と題して、ブラジルで開催される三大カーニヴァル(リオ・バイーア・レシーフェ)を紹介しました。

まず紹介したのは「地球最大の祭り」と呼ばれるリオのカーニバル。2月9日(金)に開幕するリオのカーニヴァルでは、メイン会場であるサンボドロモを舞台に、ブラジルトップリーグに所属する13チームのパレードコンテストが開催されます。

続いてはバイーアのカーニバル。2月8日(木)からおよそ一週間に渡って開催されるこのカーニヴァルでは「トリオ・エレトリコ」という巨大なステージカーを中心に、人々が踊りながらついていきます。昨年の映像を見たという滝川は、このカーニヴァルの様子を“路上を移動するダンスホール”に例え、「自分がもしこの中にいたとしたら、人混みに最初はドギマギしながら……でも、音楽を聴いているとそれも忘れて、夢中になって、だんだん慣れていくのかなと思います」と話していました。

最後はペルナンブーコ州のレシーフェで行われるカーニヴァル。レシーフェのカーニヴァルを代表する音楽が「フレヴォ」です。マーチングバンドをルーツに持つ「フレヴォ」は、110年以上の歴史があります。飛び跳ねるようなリズムに合わせて傘を振る、アクロバティックな踊りが特徴的です。

そしてもう一つ、レシーフェのカーニヴァルにつきものの音楽が「マラカトゥ・ナサォン」です。太鼓のリズムが印象的なこの音楽は、アフリカの王族のパレードがルーツになっているとのこと。会場ではパーカッション隊がストリートに繰り出して行進します。

2月11日(日)には、ブラジル三大カーニヴァルをテーマにしたイベント「J-WAVE[NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…]CARNAVAL 2018」が、渋谷クラブクアトロで開催! これは番組「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」がプロデュースするイベントです。ブラジル三大カーニヴァルのカラフルなパーカッション・サウンドが東京に集結するこのイベント。詳細は番組ホームページで見ることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」
放送日時:毎週日曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/saude/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。