体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AKB48の16期研究生が単独コンサートを開催

2018年1月14日、TOKYO DOME CITY HALL(以下、TDC)でAKB48の16期研究生による『AKB48 16期生コンサート~君の名前を知りたい~』が開催された。16期研究生は2016年12月に披露されたばかりで、まだ1年強のメンバー18人という大所帯で構成されている。
1月14日@TOKYO DOME CITY HALL (okmusic UP's)
4月からはバラバラになる 18人の研究生たち

2017年1月には結成から1か月余りで単独コンサート『AKB48 16期生コンサート~AKBの未来、いま動く!~』を開催しており、1年前のコンサートも観ていたファンは、今回のコンサートでのメンバーの成長ぶりに驚いただろう。また2017年7月からはチーム4の村山彩希がプロデュースした16期研究生のみの公演「レッツゴー研究生!」を披露するなど、ファンからの人気も高い。

そして2017年12月の組閣発表時には18人の研究生全員が4月からチームA、K、B、4のいずれかに配属されることが決定。16期研究生全員でのパフォーマンスを観られる機会は残り少なくなっている。
学校をテーマにしたコンサート

16期研究生の単独コンサートは「学校」をテーマにしたミュージカルテイストのコンサートだった。登校に始まり、給食、授業、部活動、下校といった学生の1日のシーンに合わせた楽曲でパフォーマンスを披露。影アナの先生役をチームAの宮崎美穂が努めた。山根涼羽が泣きそうになっていた「桜の花びらたち」を披露したラストは、あたかも卒業式のように「16期研究生から新たに旅立つ」という演出だった。熱いファンが多く、会場は最後まで多いに盛り上がっていた。
「ネ申」合宿での「君はペガサス」も

今回の16期研究生コンサートの見どころの1つは「君はペガサス」だ。2017年秋に放送された「ネ申テレビ」(ファミリー劇場)で16期研究生は合宿を行った。そこでダンスや歌唱の厳しいレッスンと審査で、選抜されたメンバーが2017年10月8日に開催された「AKB48グループ感謝祭~ランク外コンサート~」で「君はペガサス」を披露した。

歌唱メンバーとして田口愛佳、田屋美咲、播磨七海、ダンスメンバーとして山内瑞葵、山根涼羽、武藤小麟、安田叶の合計7人が選抜されたが、今回のコンサートでも、その7人で「君はペガサス」を披露。番組内でもボイストレーナーの菅井秀憲氏を驚愕させたほど、合宿で一番成長した姿を見せたのが播磨七海だった。その播磨は16期コンサートでも2000人以上の観客を前にして堂々としたパフォーマンスを披露していた。番組での厳しい合宿のシーンを思い出したファンで会場はヒートアップしていた。
チーム8もサプライズで登場 「UZA」を共演

コンサート中盤で「ちょっと待って、そこはエイト高校の通学路だよ」と16期研究生が切り出すと、ライバル校という設定でチーム8のメンバー9人が登場。16期研究生のファンでいっぱいの会場からもチーム8のまさかの登場にどよめきがあり、チーム8のサプライズ登場を大歓迎していた。そしてチーム8と16期研究生の「UZA」を共演。27人でのダイナミックなパフォーマンスに会場も多いに盛り上がっていた。
16期研究生全員で生バンド 「ファーストラビット」

アンコール明けには、同期でまとまって切磋琢磨してきた16期生らしく、この日の為に協力し合って練習を積んできたバンド生演奏で「ファーストラビット」を披露。本間麻衣のミニピアノのイントロで始まった。本間は「なんで私なんだろうと思ったけど、練習しているうちにピアノに愛着が湧いてきた」と語っていた。

サックスが得意な浅井七海はパートリーダーも務めていた。メンバーからも「なーみん(浅井)からのアツを感じた」と練習時の裏話も披露されていた。多くのメンバーが短い時間で楽器を習得したメンバー全員での生バンドは圧巻だった。
「またいつか16期で コンサートをやりたい」

コンサートではメンバー1人1人から決意表明の挨拶があった。鈴木くるみは「16期生がAKB48の中心メンバーになっていけるように頑張りたい」、梅本和泉は「1年前は笑顔になるのが苦手だった。いつかはみんなに頼られる存在になりたい」、道枝咲は「初心を忘れずに頑張りたい」、武藤小麟は「いつか東京ドームに立ちたい」、山内瑞葵は「AKB48に欠かせない存在になること」と全員がステージで思いを語っていた。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。