体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」2週連続1位、J・ティンバーレイク&C・ステイプルトンTOP10入り

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」2週連続1位、J・ティンバーレイク&C・ステイプルトンTOP10入り

 ドレイクの「ゴッズ・プラン」が2週目の首位を記録した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 初登場1位でデビューした先週からセールス・ポイントは後退したものの、ストリーミングやラジオ・エアプレイが好調だったこともあり、2週連続のNo.1を死守したドレイクの「ゴッズ・プラン」。一方、同曲が収録されたEP盤『スケーリー・アワーズ』からのナンバー「ディプロマティック・イミュニティ」は、先週の7位から55位に転落している。

 ドレイクはこの2曲の他にも、18位に初登場したミーゴスの「ウォーク・イット・トーク・イット」にもフィーチャリング・ゲストとして参加し、計3曲を100位内に送り込んだ。その「ウォーク・イット・トーク・イット」が収録されたミーゴスの新作『カルチャーII』は、今週のアルバム・チャートで1位にデビューし、2作連続の全米No.1獲得を果たした。

 『カルチャーII』からは、昨年10月にリリースされた先行シングル「モータースポーツ」が先週の11位から8位へ再浮上した他、ファレル・プロデュースによる2ndシングル「スティア・フライ」が52位から12位にジャンプアップするなど、アルバム収録曲が計13曲ランクインしている(グッチ・メインのシングル「アイ・ゲット・ザ・バッグ」を含めると14曲)。アルバムの初動ユニット数199,000のうち、およそ160,000がストリーミングによるポイントということで、中でもよく聴かれたナンバーが上位にデビューしている。

 ミーゴスに代わって、次週のアルバム・チャートで1位デビューが期待されている、ジャスティン・ティンバーレイクの新作『マン・オブ・ザ・ウッズ』(2月2日発売)から、カントリー・シンガーのクリス・ステイプルトンをフィーチャーした「セイ・サムシング」が今週9位に初登場。これで、1stシングルの「フィルシー」(最高9位)に続き、2曲連続、通算19曲目のTOP10入りを果たした。早くも55位までランクダウンしている「フィルシー」だが、次週はアルバムのリリース効果や、現地時間2月4日に開催された【第52回スーパーボウル】のハーフタイムショーでのパフォーマンスを受け、ランクアップすることが予想される。また、ストリーミングが好調なら、アルバムの収録曲も何曲がデビューするだろう。

 1月28日に開催された【第60回グラミー賞】で、主要3部門を受賞したブルーノ・マーズの「フィネスfeat.カーディ・B」は今週3位に、再びTOP3入りを果たしたが、<最優秀レコード賞>を受賞した「24K・マジック」 や、<最優秀楽曲>受賞の「ザッツ・ホワット・アイ・ライク」 がリエントリーすることはなく、その他にパフォーマンスしたアーティストなどの楽曲も、伸び率はイマイチだった。

 28位には、ゼッドとマレン・モリス、そしてLAのEDMデュオ=グレイによるコラボ・ソング「ザ・ミドル」が初登場した。昨年は、アレッシア・カーラをフィーチャーした「ステイ」が全米7位/全英8位の大ヒットを記録したゼッドだが、2018年の第一弾シングルも同路線のミッド・チューンで勝負し、良い出だしとなった。

 続いて28位には、カントリー・シンガー=ジェイソン・アルディーンの「ユー・メイク・イット・イージー」がデビュー。同曲は、4月にリリース予定の8thアルバム『リアビュー・タウン』からの先行シングルで、前作『ゼイ・ドント・ノウ』(2016年1位)からのシングル「ゼイ・ドント・ノウ」から、およそ9か月振りの新曲となる。その間には、多くの犠牲者を出したカントリー音楽野外フェスティバル【Route 91 Harvest】(2017年10月1日)でのラスベガス銃乱射事件があり、事件当時ステージでパフォーマンスを行っていたのがジェイソンだった。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、2月10日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ゴッズ・プラン」ドレイク
2位「パーフェクト」エド・シーラン
3位「フィネスfeat.カーディ・B」ブルーノ・マーズ
4位「ハヴァナfeat.ヤング・サグ」カミラ・カベロ
5位「ロックスターfeat.21サヴェージ」ポスト・マローン
6位「バッド・アット・ラブ」ホールジー
7位「ニュー・ルールズ」デュア・リパ
8位「モータースポーツ」ミーゴス、ニッキー・ミナージュ&カーディ・B
9位「セイ・サムシング」ジャスティン・ティンバーレイクfeat.クリス・ステイプルトン
10位「サンダー」イマジン・ドラゴンズ

関連記事リンク(外部サイト)

2月10日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
2月10日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
全米1位獲得!2018年も勢い衰えないドレイクの最新作 / 『スケーリー・アワーズ』(EP Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy