体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

故フランク・ザッパ、ホログラム・ツアー開催へ

故フランク・ザッパ、ホログラム・ツアー開催へ

 約1年前に故ロニー・ジェイムス・ディオのホログラム映像を駆使したツアーを開催した製作会社アイリュージョン(Eyellusion)が、今度は故フランク・ザッパのホログラム・ツアーを準備していることが明らかになった。

 【ザ・ビザール・ワールド・オブ・フランク・ザッパ】と題されたツアーには1993年に亡くなったザッパのホログラム映像と、生前彼と演奏したことがあるレイ・ホワイト、マイク・キニーリー、スコット・トゥーニス、ロバート・マーティン、ジョー・“ヴォルトマイスター”・トラバースなどのミュージシャンがステージで共演し、スティーヴ・ヴァイ、ウォーレン・ククルロ、イアン・アンダーウッド、ヴィニー・カリウタ、ナポレオン・マーフィー・ブロック、アーサー・バロウ、エド・マンが各地でゲスト参加する。

 ザッパのホログラム映像は、1974年にロサンゼルスのスタジオで収録されたきり未公開となっていた何時間にも及ぶ映像からアイリュージョンが作成した。ザッパ・ファミリー・トラスト協力のもと、カメラ・オペレーターしか目撃していなかった映像が今年に入ってお披露目となった。

 ザッパ・ファミリー・トラストの共同管財人でザッパの息子であるアーメット・ザッパは、「父と僕は3Dやホログラフィーについて積極的に話し合い、彼も前向きに興味を示していた構想だった。実際に自著の“The Real Frank Zappa Book”でもこの題材に半章を費やしている。これはフランク・ザッパの天才的芸術性を祝う旅であり、ラブレターだ。個人的には、父が何年も前に始めたことを完成させている気分だ」とコメントしている。

関連記事リンク(外部サイト)

ポール・サイモン、ラスト・ツアーの日程発表「多くの皆さんに、本当にありがとうと伝えてから去りたい」
故デヴィッド・ボウイ、霊媒師に死期を予言されていた? バンドのキーボーディストが明かす
ザ・ドアーズ、ライブ映像の絶響上映に音楽評論家・萩原健太が登壇 特別ゲストに音楽研究家・亀渕昭信

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。