体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイタス・アンドロニカス、最新作『ア・プロダクティヴ・コーフ』からMVを公開

タイタス・アンドロニカス、最新作『ア・プロダクティヴ・コーフ』からMVを公開

 鬼才パトリック・スティックルズ率いる米ニュージャージーのパンク・バンド、タイタス・アンドロニカスが、2018年3月7日発売のニュー・アルバム『ア・プロダクティヴ・コーフ』より「Above the Bodega (Local Business)」のミュージック・ビデオを公開した。

タイタス・アンドロニカス MV

 2枚組で29曲入りの大作となった前作『The Most Lamentable Tragedy』が絶大な評価を獲得したタイタス・アンドロニカス。自身5枚目のアルバムで、<マージ>からは2枚目の作品となる『ア・プロダクティヴ・コーフ』は、バンドの長年のプロデューサー、Kevin McMahonによって米ニューヨークのニュー・パルツにあるMarcata Recordingでレコーディングされた。アルバムには21人のエリート・ミュージシャンが参加しており、中にはベテラン・ピアニスト、Rick Steph(Cat Power、Lucero、Hank Williams Jr.)、高く評価されているチェリスト、Jane Scarpantoni(R.E.M.、Bob Mould、Lou Reed)、ブルックリンのシンガー、Megg Farrell等が含まれる。

 パトリックは、新作について「前作『The Most Lamentable Tragedy』はこれまでの全てが凝縮された頂点の様な作品だった。その為、多くのドアをバタンと閉めてしまった。だから、前進する為に、僕は入るべき新しいドアを探す必要があった。ぱっくり割れた窓を見つける為だけにね。そう、『ア・プロダクティヴ・コーフ』は息を呑むほどに穏やかな風の様な作品で、僕は最後まで完全に呼吸ができるんだ」と語っている。

◎「Above the Bodega (Local Business)」ビデオ
https://youtu.be/wI3UXQyi8l0

◎『ア・プロダクティヴ・コーフ』トラックリスト
1. Number One (In New York)
2. Real Talk
3. Above the Bodega (Local Business)
4. Crass Tattoo
5. (I’m) Like a Rolling Stone
6. Home Alone
7. Mass Transit Madness (Goin’ Loco’)

◎リリース情報
『ア・プロダクティヴ・コーフ』
タイタス・アンドロニカス
2018/3/7 RELEASE
2,100円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

故フランク・ザッパ、ホログラム・ツアー開催へ
ポール・サイモン、ラスト・ツアーの日程発表「多くの皆さんに、本当にありがとうと伝えてから去りたい」
故デヴィッド・ボウイ、霊媒師に死期を予言されていた? バンドのキーボーディストが明かす

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。