体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GLIM SPANKY ・松尾レミの「ネギだらけ生活」

GLIM SPANKY ・松尾レミの「ネギだらけ生活」
J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。2月4日(日)のオンエアでは、GLIM SPANKY・松尾レミさんをお迎えしました。

松尾さんはネギにハマっていて、大量に刻んで納豆と一緒に食べて以来、一食に一本のペースで食べているそう。

クリス:ネギはうまいよね。特に下仁田ネギは、世界中の人に食べさせたい! 焼くとトロッとしていて、(刻みネギのときと)同じ食材とは思えない。
松尾:日本が誇る食材ですね!
クリス:ネギ食べてると風邪ひかないって言うしね。

と、冒頭からネギの話題で盛り上がりました。また、GLIM SPANKYは、台湾でワンマンライブを開催したそうで、「海外だからクールかと思ったら、想像以上にファンがアツかった!」と振り返り、長年応援してくれているファンと同じくらいの熱気を感じたと話しました。

松尾さんは、台湾で足つぼマッサージに行ったそうで……。

松尾:ライブの前日に、マネージャーが足つぼマッサージに行ったら、泣き叫ぶほどの痛さだったらしくて「レミさんにはオススメしません」っていうメールがきたんです。でも、どうしても行きたくて行ったら、すごく気持ちが良くて!
クリス:そうなの!?
松尾:あまり痛いとこがなくて。
クリス:健康なんだね。
松尾:首が悪いとは言われたけど、それ以外は健康だそうです。

そんなGLIM SPANKYは、ニューシングル「愚か者たち」をリリースしました。公開中の映画『不能犯』の主題歌で、原作漫画も映画も観たうえで作り上げたそうです。聴きどころは、選択しながら生きていく人生を歌った歌詞と、イントロ部分の12弦ギターのサウンドと、まるで「ゴジラ」が現れるときのような怪しい雰囲気が肝になっているそう。

クリスは曲を聴いて「ハードボイルドな感じがしますね」と感想を伝えると、松尾さんは「音にはこだわってます。ギターソロが流れたときに『うわ!』と思われるように、生々しくレコーディングしてます」と答えました。

また、カップリングにキャロル・キング「I Feel The Earth Move」のカヴァー曲を収録。クリスは「いいじゃないですか! 名曲に新しい命を吹き込んだ感じがする」と感心。GLIM SPANKYは、5月12日(土)に、武道館でワンマンライブ「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」を開催します。こちらも楽しみですね。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:日曜 13時−17時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。