体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

玄理が選ぶ「素敵な熟年カップルが登場する映画」3本

玄理が選ぶ「素敵な熟年カップルが登場する映画」3本
J-WAVEで放送中の番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「DIANA Shoes NEW LOOK」。2月4日(日)のオンエアでは、玄理が選んだ「素敵な熟年カップルが登場する映画」を3本紹介しました。

■『「ハーブ&ドロシー』(監督:佐々木芽生)
ニューヨークの小さなアパートで暮らす、元郵便局員のハーバート(ハーブ)と図書館司書のドロシー。2人は決して裕福な生活をしているわけではありませんが、30年間にわたって現代アートをコツコツと買い集め、いつしか全米きってのコレクターになりました。ニューヨークのアート界では、マスコット的存在となっている2人。そんな、アートを愛する2人の人生を描いたドキュメンタリー。

玄理は「夫婦の生活よりも、アートに比重をおいた作りになっています。夫婦を通して、ニューヨークの最先端のアートを学べる、上質なドキュメンタリー」とイチオシしました。

■『キューティー&ボクサー』(監督:ザッカリー・ハインザーリング)
ニューヨーク在住の現代芸術家・篠原有司男さんと、妻・乃り子さんの波乱に満ちた結婚生活に迫ったドキュメンタリー。“ギュウチャン”の愛称をもつ有司男さんは、絵の具が塗られたボクシンググローブをキャンバスに打ちつける「ボクシング・ペインティング」という手法で作品を制作しています。若い頃の外見も個性的で「日本で初めてモヒカン刈りにした男」とも言われています。21歳年下の妻・乃り子さんもアーティスト。裕福な家庭に生まれ育った彼女は、不安定で貧しい結婚生活に耐えながらも、破天荒な旦那さんを支えています。

玄理は「『愛と憎しみは紙一重』とよく言いますが、乃り子さんの愛と恨み節がすごい。ヒリヒリする夫婦の形が描かれている」と解説しました。

■『あなた、その川を渡らないで』(監督:チン・モヨン)
舞台は、韓国・古時里(コシリ)という小さな美しい村。ここに暮らす、98歳のおじいさんと89歳のおばあさんが主人公のドキュメンタリー。結婚76年目を迎えた2人の日々に、カメラが寄り添います。

韓国での公開は2014年。小規模スタートでしたが、最終的には800スクリーンまで拡大。韓国では10人に1人が見たことになります。これは、韓国ドキュメンタリー映画史上最高の動員を達成。しかも、観客全体の約半数を20代の若者が占めたそう。

玄理は「ちゃんと続く愛もあるんだということを、信用させてくれる映画。涙なしには観られない」と推薦しました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:毎週日曜9時−12時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。