体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題のクリエイター・ヤナギダマサミ、独特すぎる世界観

話題のクリエイター・ヤナギダマサミ、独特すぎる世界観
J-WAVEで放送中の番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「TOKYO TREASURE」。2月4日(日)のオンエアでは、海外でも高く評価されているイラストレーター・ヤナギダマサミさんをゲストにお迎えしました。

ヤナギダさんは、沼津美術研究所を経て桑沢デザイン研究所を卒業。人物画を求めて野宿しながら日本全国を放浪しているうちに、遺跡を発掘。海外の放浪生活を経て、帰国後は地方で不定期に個展を開きながら、合鴨農法で農業に従事。イラスト原画やステッカー、スマホケースなどのデザインを手がけています。独特な感性とメッセージ性のある作風が、日本の若者のみならず海外でも人気です。

気になる「遺跡発掘」について訊くと「なぜはじめたかというと、『最近のおじいちゃんたちはどうしているのかな』と思って。遺跡発掘は定年退職している人を積極的に雇用するところなんですよ。おじいちゃんたちと友だちになりたいと思って。(中略)すごくためになることが多くて、そこから農業もすごいなと思いはじめたんです」(ヤナギダさん 以下同)と、動機について明かしました。

毎朝インスタグラムにイラストを描いて投稿しているヤナギダさん。創作活動についても質問すると、「小さいときから日常的に描いていたので、トイレと一緒でデトックスついでに描く。『描かなきゃ!』じゃなくて『出ちゃった、咲いちゃった』なんです。そのときに食べたできごとを排泄しているだけ」と話しました。

海外でも人気のヤナギダさんのイラスト。タトゥーを入れる人も多いそうで「『ヤナギダ入れたぜ!』ってインスタグラムで報告してくる(笑)。すごいですよね。その人が生きてる間は、咲いてるわけですから」と語りました。自身のイラストについては「小学生レベルの配色なんで。子どもが一番わかりやすいのがいい。親子で見て、親も『可愛いね』って言ってたけど、『あ、これ見ちゃダメかも』という感じが好きなんです」と表現しました。

「ヤナギダさんの作品を手に入れたい」という人は多いですが、入手困難だそうで「展示をちょこちょこやってるんで、そのときだけですね」とのこと。直近では2月22日(木)から、クリエイター・NO PANTIESさんとの合同展「masami yanagida & NO PANTIES 『LOVE CALL』」が、表参道ROCKETにて開催されます。詳しくは、ヤナギダさんの公式インスタグラム(@yanagidamasami)をチェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:日曜9時−12時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy