体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

働いても、働かなくても「罪悪感」がある女性たちへ|川崎貴子の「働く女性相談室」

「働く女性の成功、成長、幸せのサポート」という理念のもと、キャリア支援やコンサルティング、結婚コンサルタントなど、幅広い領域で活躍されている川崎貴子さん。その経験と、女性経営者ならではの視点から、のべ1万人以上の女性にアドバイスをしてきた川崎さんが、「“働く女性”に立ちはだかるさまざまなお悩み」に、厳しくも温かくお答えするこのコーナー

第九弾は、「女性が感じる罪悪感、どうしたらいい?」というご相談です。

f:id:kashiemi:20180122134249j:plain

<今回の相談内容>

ただいま育休中で、春には仕事復帰します。0歳の子どもと一緒に過ごすのも残りわずかとなり、周りのママ友やワーママの先輩たちと仕事の話をするようになりました。すると、仕事を辞めた専業主婦のママ友は「働いていない事に罪悪感がある」と言い、ワーママの先輩は「親には小さい子どもを保育園に預けるのはかわいそうと言われ、職場では時短なので周りに謝りながらの日々で、割り切れない気持ちがある」と言います。仕事をしてもしなくても、女性が罪悪感を感じるのは、とても生きにくい社会だと感じました。どういう気持ちでいたら前向きになれるのでしょうか?

(31歳 育休中)

<回答>

私がカウセリングしている女性たちも、皆さんそれぞれの立場で同じ悩みを抱えている事が多く、今回のご相談には「本当よねぇ」と大いに共感してしまいました。

バリバリ仕事をしていても、育休中でも、専業主婦でも、仕事と育児を両立していても、皆同じように「罪悪感」を抱えている社会は、確かに健全ではないと私も思います。

より多様な生き方や働き方を容認する社会にしようという動きは確かにありますが、浸透するには時間がかかります。

何より、ルールができようが、モデルケースがたくさん現れようが、私たち自身が変化できなければ「罪悪感」は消える事なく、私たち個人の生活に悪影響を及ぼします。

罪悪感の悪影響とは

罪悪感を抱いている人を極端な例で表すと、罪を犯した人です。

「私は罪を犯している訳ではない!」と思われるかもしれませんが、罪悪感の本質を捉えるために想像してみてください。

「今のところ誰にもバレてはいないけれど、自分は罪を犯した。いつバレるのか?と思い悩む日々。時効までの15年間、仕事に身が入りますか?心から笑えますか?新しいチャレンジ、新しい友人を作れますか?ご飯はおいしいでしょうか?目の前にいる人を目いっぱい愛せますか?」

私達が抱きがちな罪悪感はもっとうっすらした軽いものだけれど、抱えている限り幸せから遠ざかるのは一緒です。罪悪感を後生大事にとっていると、極端な話、

「仕事に身が入らず、心から笑えず、新しいチャレンジをせず、新しい友人を作らず、ご飯をおいしく感じず、目の前にいる人を目いっぱい愛せない」のです。

さて、そんなやっかいな感情である「罪悪感」はどうして生まれるのでしょうか?

どうして男性に比べて女性の方がそれをより感じてしまうのでしょうか?

現代女性にのしかかるバイアス

女性達の罪悪感は、「本当は○○しなければいけないのに、できていない」という内容がほとんど。

誰かに何を言われたわけではなく、周囲を見渡して自身でジャッジしているのです。

その背景には、世間や親の価値観を受け入れたものや、何より自分自身の「強固な思い込み」があります。

・女性は結婚、出産するべき

・女性は子どもをメインで育てるべき

・3歳までは母親がべったり子育てをするべき

・これからの女性は出世するべき

・忙しくてもお化粧はするべき

・ご飯は手作りするべき、家はきれいにしておくべき

・妻であり、母であり、女としてもキラキラしているべき

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy