体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チョコレートで広がる支援の輪! 「チョコ基金」とは?

チョコレートで広がる支援の輪! 「チョコ基金」とは?
J-WAVEで放送中の番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「FUTURE DESIGNERS」。2月4日(日)のオンエアでは、長野県の諏訪中央病院で名誉院長を務める医師で、ベストセラー書籍『がんばらない』など、たくさんの著書を発表されている作家・鎌田實さんが、「チョコ基金」について話しました。

鎌田さんは、かつて原発事故のあったベラルーシ共和国の放射能汚染地帯に1991年からおよそ25年間にわたって医師団を100回以上派遣し、14億円もの医薬品を支援。さらに、2004年からはイラクへの支援を開始。白血病や小児がんが多くなっている地域で、子どもたちの支援活動をしています。

その活動のひとつとして、寄付のお礼にチョコレートをプレゼントする「チョコ募金」があります。

このチョコレートは、白血病や小児がんの子どもたちが描いた絵をプリントした缶に、北海道・六花亭のチョコレートを入れたもの。毎年16万個も作っているそうです。完売すると約8千万円の支援金が生まれ、イラクの子どもたちを守る活動に使われます。

この活動のさなか、目のがんのために15歳で亡くなってしまった少女が、亡くなる直前に鎌田さんに手紙を書いてくれたそう。そこには、「私はもうすぐ亡くなります。でも幸せでした。10歳で目のがんになったけど、日本の人たちのおかげで手術を受けることができました。でも、一番うれしかったのは、病院に学校の先生を雇ってくれたことです」と、院内学級ができた喜びについてつづられていたといいます。

さらに「私の家は貧しくてお金がないので、学校に行けませんでした。がんになって、初めて学校の先生から勉強を教えてもらい、勉強がどんなに素敵なことかがわかりました。私が描いた絵は、日本へ運ばれてチョコレートの缶にプリントされるそうです。私はもう死んじゃうけど、そのチョコレートの利益でイラクに薬がやってきて、ほかの子どもたちが助かることがうれしいです」と書かれていたそうです。

このメッセージが日本に伝わり、応援の輪が広がっています。

もうすぐバレンタインデー。今年は大切な人へ「チョコ募金」のチョコレートを贈ってみてはいかがでしょうか。あなたの支援によって、子どもたちの未来がきっと明るくなるはずです。詳しい情報は「JIM-NET(ジムネット)」ホームページをご覧ください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。