体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AKB48グループ、クエストアワーのセットリストベスト100でチーム8が3年連続トップ3に

AKB48グループは2018年1月19日、20日に「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」(以下、リクアワ)を開催した。これはAKB48グループの楽曲全1,078曲の中からファンが自分の好きな曲に投票し、ベスト100を決定する10年以上続いているイベントだ。
チーム8「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」 (okmusic UP's)
「NGT48無双」のリクアワ

2018年のリクアワは圧倒的にNGT48が強かった。ベスト100のうち27曲がランクインするほどで、もはや「NGT48のリクアワか?」と思うくらいNGT48の勢いを見せつけた。NGT48は昨年のリクアワでも「Maxとき315号」で1位と2連覇を達成。昨年もチーム8の「47の素敵な街へ」と1位争いを繰り広げた。今年も1位争いはNGT48とチーム8だったが、リクアワ全体でみるとNGT48の印象の方が圧倒的に強かった。本稿ではチーム8だけに絞って書いていく。
リアクワで一番の盛り上がりを見せた 「47の素敵な街へ」

5位にNGT48の「Maxとき315号」、4位に松井珠理奈(SKE48)の「花占い」、3位にNGT48研究生の「下の名で呼べたのは…」がランクイン。残るはチーム8の「47の素敵な街へ」かNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」だろうか、ということはファンなら察しがついていた。

そして緊張の2位発表を迎え、会場のスクリーンにチーム8の「47の素敵な街へ」が表示。チーム8のライブやイベントでも大盛り上がりの同曲は、チーム8ファンにとって”国歌”のような存在で、今年こそは悲願の1位を奪取したかった楽曲。発表直後には会場から大きなどよめきが上がったが、そのどよめきもすぐに大声の「ガチ恋口上」に変わった。

チーム8は各都道府県からメンバーが集まり構成されたチームで、この日も46人(1人欠席)でパフォーマンスを披露。今回のリクアワに参加したグループの中でも最大人数のステージで、そのパフォーマンスと迫力、会場の熱気と声援はとにかく圧巻だった。100位から1位までをずっと会場で見ていたが、「47の素敵な街へ」の楽曲の時が会場のファンは一番の盛り上がりを見せていた。
史上初「3年連続トップ3」に輝いた チーム8「47の素敵な街へ」

今回、「47の素敵な街へ」は残念ながら1位は取れなかったものの、3年連続でトップ3に入る快挙を達成した。3年連続でトップ3にランクインしたのは、「47の素敵な街へ」が初めてだ。

今までも2年連続でランクインしている楽曲は、大島優子がセンターの「ヘビーローテーション」(2011年、2012年ともに1位)、松井珠理奈がセンターで”じゃんけん選抜メンバー”による「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」(2014年2位、2015年1位。以下「鈴懸…」)、松井珠理奈の「赤いピンヒールとプロフェッサー」(2016年1位、2017年2位)の3曲だけだ。
【過去のリクアワのトップ3】

■2008年

1位:桜の花びらたち

2位:BINGO!

3位:会いたかった

■2009年

1位:初日

2位:大声ダイヤモンド

3位:てもでもの涙

■2010年

1位:言い訳Maybe

2位:君のことが好きだから

3位:10年桜

■2011年

1位:ヘビーローテーション

2位:Beginner

3位:ポニーテールとシュシュ

■2012年

1位:ヘビーローテーション

2位:Everyday、カチューシャ

3位:孤独なランナー

■2013年

1位:走れ!ペンギン

2位:奇跡は間に合わない

3位:上からマリコ

■2014年

1位:清純フィロソフィー

2位:鈴懸…

3位:恋するフォーチュンクッキー

■2015年

1位:鈴懸…

2位:友達

3位:Jane Doe

■2016年

1位:赤いピンヒールとプロフェッサー

2位:47の素敵な街へ

3位:365日の紙飛行機

■2017年

1位:Maxとき315号

2位:47の素敵な街へ

3位:赤いピンヒールとプロフェッサー

■2018年

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。