体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の新トレーラー、イスラ・ヌブラル島の破壊を描く

第52回スーパーボウルの合間のCMで映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の新映像が公開され、視聴者は(過去の)歴史的大作のトレーラーを目にした。

新作のトレーラーには、建物の爆発や溶岩が流れ、島全体の大規模な崩壊が映っていた。ナレーターは「ジュラシック・ワールドや島は過去のもの」、「未来を見せましょう」と語る。

画面の外から唸り声が聞こえると、クレア(ブライス・ダラス・ハワード)が「あれは何?」と尋ねる。

子供の1人が「彼らが作った」と答える。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、コリン・トレヴォロウ監督の2015年の映画『ジュラシック・ワールド』の続編だ。『ジュラシック・ワールド』の興行収入は、米国内の公開初週末の最高記録となる2億800万ドルを達成し、全世界で最終的に16億ドルを記録した。J・A・バヨナが監督を引き継ぎ、トレヴォロウはデレク・コノリーと共に脚本を手掛ける。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の最初のトレーラーは昨年12月に公開され、ジェフ・ゴールドブラムが演じるイアン・マルコムが再び戻ってくることが明かされていた。トレヴォロウはトレーラーの公開前にクリス・プラットが演じるオーウェンがベロキラプトル(肉食獣)の子供と触れ合う姿を公開し、ファンを刺激した。

プラットに加え、ブライス・ダラス・ハワードも戻ってくる。ジャスティス・スミス、ジェームズ・クロムウェル、トビー・ジョーンズらも出演する。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は6月22日(現地時間)に米劇場公開する。

動画は上記。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。