体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東北クラフトビール飲み比べ(岩手編)。ビール女子注目のブルワリー!

Stella Monte メニュー

日本酒飲み比べもあるので、日本酒も好きという方は、より一層楽しめますね。

人気ブルワリーの新店舗で、チャレンジングなビールを!

おなかが満たされたところで次の目的地、人気ブルワリー「ベアレン」がプロデュースする「菜園マイクロブルワリー」へ。盛岡駅にバスで戻る途中の「菜園川徳前」で下車すぐ。盛岡駅からは歩いても15分ほどの距離です。

菜園マイクロブルワリー 外観

2017年10月にレストランがリニューアルされ、小さなブルワリーを併設したブルーパブに生まれ変わりました。仕込み中のビールや醸造の説明もしてくれます。

菜園マイクロブルワリー 醸造タンク

オーダーはもちろん、ここでしか飲めない限定醸造ビールを。まずは「ほんのり甘い香りのカモミールと小麦のホワイトビール」です。

菜園マイクロブルワリー ほんのり甘い香りのカモミールと小麦のホワイトビール

スムースな飲み心地で小麦のフレーバーが口の中に広がり、後味に微かにカモミールティーを思わせるスパイシーな花の香りがします。
おつまみには、色鮮やかな「おまかせ前菜5種」を。

菜園マイクロブルワリー おまかせ前菜5種

きれいなルビー色の「くべなコラボのフルーツビール」も、「菜園ブルワリー」で醸造された限定ビールです。“くべな”は、くずまきワイン・ベアレン・南部美人のことで、どれも岩手でつくられるお酒。その3社がコラボして、山ぶどう果汁と日本酒酵母を使った、ほかにはない実験的なビールをつくり上げました。ぶどうのコクと麦の香りが一気に押し寄せ、後味にじんわりと日本酒の風味を感じる不思議な一杯。

菜園マイクロブルワリー くべなコラボのフルーツビール

ビール以外では、都内ではなかなか手に入らない「イングリッシュサイダー」がおすすめ。サイダーは、りんご果汁を発酵させてつくるお酒。シャンパン酵母を使用した軽やかかつ華やかなアロマで、りんごの酸味と爽やかな甘味が生きたドライな味わいを楽しめます。

前のページ 1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。