体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テリー伊藤がロールスロイス シルバークラウドI を前に、理想の車選びを語る

▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話をお届けします!

▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話をお届けします!

いくつになってもこだわりを捨てない“ダンディズム”

今回は、「ヴィンテージ湘南」で出合ったロールスロイス シルバークラウドIについて、テリー伊藤さんに語りつくしてもらいました。

~語り:テリー伊藤~

今回お邪魔したお店には、売り物として整備している車以外に、お客さんから預かっている車も所狭しと並んでいました。僕が好きなロールスロイスもたくさんある。中にはコーチビルダーが手掛けた珍しいものもありました。

ロールスロイスは存在自体がファンタジーです。例えるなら空飛ぶ宇宙船、あるいはメリーゴーラウンド。現実感、生活感がまったくないですからね。

ロールスロイス シルバークラウドI(Photo:柳田由人) ロールスロイス シルバークラウドI(Photo:柳田由人) ロールスロイス シルバークラウドI(Photo:柳田由人)

実は僕もかつてシルバーシャドウを持っていたことがありますが、乗るのは非日常を味わいたい特別な日でした。もちろん僕は自分で運転していましたが、実際に乗ってわかったのは、ロールスロイスは馬車だということ。

馬車に、「ひく馬」とその馬の「世話をする人」がいるように、あるいは広くてキレイな「庭」に手入れをする「庭師」がいるように、ロールスロイスも、「車を管理し日々手入れする人」がいてこそのものだと感じました。

もちろん僕にはそんな生活はできません。だから自分で維持できるロールスロイスを手に入れて、優雅な気分に浸るというコスプレを楽しみました。

ロールスロイス シルバークラウドI(Photo:柳田由人)

最近では大人でも、週末に回転寿司や食べ放題の焼肉に行ってしまう。かつてはみんなが遥か上を見て前に進んでいたはずなのに、気づいたら目の前の楽なところがゴールになっているんです。

僕くらいの年齢の車好きも「いつかはクラウン」と夢を見ていたはず。

ところが最近はその夢を忘れて「軽でいいかな」「ハイブリッドでいいかな」と妥協している人が増えていて寂しく思っています。ゴールのテープが見えているのに「まあいいか」と歩き出しちゃうんですね。

白洲次郎は留学先でブガッティに乗り、70歳を過ぎてなおポルシェを乗り回していました。そんなダンディズムに多くの人が惹かれているのは言うまでもありません。

ロールスロイスはさすがに大げさですが、自分のこだわり、好きなことを最後まで貫くのも大切なことだと思います。カーセンサーエッジを読んでいるような車が好きな人には、車の世界で自分の意地を貫いてほしいですね。

ロールスロイス シルバークラウドI(Photo:柳田由人)
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy