体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5mの落下からiPhoneを保護するエアクッション内蔵ケース「X-ONEドロップガード」

2017年発売のiPhoneは、ある部分が4sの頃に戻った。ガラス張りの背面である。

いかんせん、ガラスである。衝撃に対して、どうしても脆弱になってしまう。だからこそ、ユーザーはケース選びに気を遣う必要がある。

国内クラウドファンディング「Makuake」に登場した「X-ONEドロップガード」は、新型iPhoneを落下から保護する次世代保護ケースである。

・四隅のエアクッションでしっかり保護

X-ONEドロップガードは、ドイツ製TPU素材を採用している。

ハードケースではない。力を加えるとたわむくらいの柔らかさだ。

iPhoneの四隅に当たる部分にはエアクッションが内蔵されている。これにより、5mの高さからiPhoneを落下させてもビクともしないそうだ。階段の上から転がすように落としても、やはり無傷である。

エッジガードは液晶画面よりも2mm盛り上がっている。正面はこの厚みの差で守るという。

PR動画を見れば、その性能は一目瞭然だ。階段の踊り場から数m下のコンクリートにiPhoneを落下させるシーンなどは、正直見るに堪えない。だが、その心配をよそに当のiPhoneは衝撃を問題にしない。

・7以降のナンバーに対応

このX-ONEドロップガードは、iPhone7~Ⅹまでのナンバーに対応している。それぞれに適合する製品を用意している、ということだ。

筆者が確認した時点で、2036円のプレオーダー枠があと3つ残っている。しかし、この記事が配信される頃にはなくなっている可能性が高い。それを過ぎたら、2506円の枠で出資することができる。

配送は5月からを予定している。

Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。