体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

薄さ数ミリ、重さ数グラム。「ふにゃ〜」の器。

薄さ数ミリ、重さ数グラム。「ふにゃ〜」の器。

食器って、硬いものだと思っていた。でも、そんな固定概念はもう古かったみたい。この器にはどうやら命が宿っているようだ。

まずはこちらの動画を。

「命」がある器

スプーンで叩くとぷるるん。食べ物を置くと、沈む。スプーンが触れるだけで、波打つ。そこに置かれる食べ物、そして周りの空気と会話をするかのように、微細な動きで反応してくれる。薄さ数ミリ、重さ数グラム。「ふにゃ〜」の器。 「お、重いなぁ」薄さ数ミリ、重さ数グラム。「ふにゃ〜」の器。

「た、叩くなよぅ」…そんな器の声が聞こえるような気がする。

この器は、「Living Plates(命ある器)」と題し、イギリスのロイヤルカレッジオブアートの卒業生であるLina Salehさんが「味」以外で食を楽しむ方法を追求した結果。

器の素材は、柔軟なシリコン。底面の磁器の支えによって、シリコンはスムーズに「沈む、揺れる、波打つ、跳ね返す」などの動作が行われる。薄さ数ミリ、重さ数グラム。「ふにゃ〜」の器。薄さ数ミリ、重さ数グラム。「ふにゃ〜」の器。

従来の器を使うときは、食材とお皿の色合いを重視していたけれど、この器を使うときは動作重視。私は冷奴を入れて、豆腐も容器もふたり仲良くぷるるん、なんてお遊びにふけることだろう。Licensed material used with permission by Living Plates – Lina Saleh

関連記事リンク(外部サイト)

薄さ5ミリ、重さ12グラムの「エコ財布」
【笑顔になれる日用品】水洗いもへっちゃら。軽くてタフな皿「プライウッド」
100%土に還る オシャレな使い捨て紙食器「WASARA」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy