体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豪ブリスベン空港が国際空港として世界初となる仮想通貨決済サービスを導入へ

豪ブリスベン空港は、2018年1月24日、旅客ターミナル内のショップや飲食店を対象に、ビットコインなどの仮想通貨による決済サービスを開始すると発表した。

仮想通貨決済サービスを導入する世界初の国際空港として、話題となっている。

・空港での買い物や飲食に仮想通貨が使える

ブリスベン空港は、仮想通貨決済サービスの導入にあたり、地元クイーンズランド州を拠点とするスタートアップ企業「TravelbyBit」が開発したブロックチェーン対応の仮想通貨決済システムを採用。

旅行者は、オーストラリアの法定通貨であるオーストラリア・ドルの代わりに、ビットコイン(Bitcoin)やダッシュ(Dash)、イーサリアム(Ethereum)などの仮想通貨を使って、旅客ターミナル内の15カ所以上のショップやレストラン、カフェで買い物や飲食を楽しむことができる。

とりわけ、オーストラリア国外からの旅行者にとっては、外貨からオーストラリア・ドルに両替する手間や為替差損、為替手数料を負担する必要がなく、手持ちの仮想通貨をそのまま決済に使えるのが利点。

また、ショップや飲食店などの事業者にとっては、利用者がクレジットカードで決済する度に発生する加盟店手数料を支払わずに済む。

・仮想通貨決済サービスを観光に活用

ブリスベンでは、ブリスベン空港のほか、ブリスベン市内の28カ所以上の飲食店やショップでも、「TravelbyBit」の仮想通貨決済システムがすでに導入されている。

「TravelbyBit」では、今後、高級ホテルや観光スポットなども巻き込み、仮想通貨による決済サービスをブリスベンの観光分野に広く普及させていきたい考えだ。(文 松岡由希子)

TravelbyBit

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。