体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【医師監修】ハイリスクって言われても、妊婦さんには 「案ずるより、産むがやすし」の心でいて欲しい 荻田和秀医師(りんくう総合医療センター)に聞きました。

f:id:akasugu:20180122211917j:plain

妊娠・出産は病気ではない―。このことは誰もが知っていることだし、普通は、お産をしても母子ともに元気であるものだ、と思っている人も少なくないでしょう。

しかし、大反響だったドラマ「コウノドリ」によって、妊娠・出産にはリスクがあり、医療の支えがなければ命さえ落とす人もいる、ということが、一般にも知られてきました。

ハイリスク妊娠についての初歩的な知識と、お産のリスクについて一般の妊婦さんはどう考えておいたらいいのか、「コウノドリ」の舞台のモデルとなった、りんくう総合医療センター産婦人科の荻田和秀医師にお聞きしました。

「ハイリスク分娩」とは、医療介入がなければ正常に分娩が終わらないお産

――そもそも、ハイリスク妊娠とか、ハイリスク分娩とは何でしょう?

荻田先生:流産や早産に直結する要因がある妊娠やお産はもちろん、合併症などもまとめて、正常に分娩が終わらない可能性があるものを、「ハイリスク妊娠」「ハイリスク分娩」と呼んでいます。

実は「ハイリスク」の明確な定義はないんです。なので、うちの病院では、医療者が見て、このお産には介入をしないといけない可能性があるな、と思われるものを、ハイリスクと言っています。

――りんくう総合医療センターは、国から「地域周産期母子医療センター」の指定を受けていて、地域の産院からの紹介で、ハイリスク妊婦さんもたくさん来院や入院をされていますね。

荻田先生:年によっても違うんですが、年間800~1000件くらいの分娩が行われるうちの、55%くらいがハイリスク分娩に該当します。まぁだいたい半数超えるくらい。それらは、事前に、どんなことが起こるかを想定して医療的な介入の準備をしておかなければならない妊娠です。その7割くらいが、地域の産婦人科クリニックから、合併症などの理由で転院してこられた方々です。

f:id:akasugu:20180122211931j:plain

ハイリスクなお産では、医療者は、どのようにそのリスクを分散させるかを考えている

――医療のサポートがなければ、母子ともに元気な出産の割合はずいぶんと少ないだろう、と容易に想像できます。でも、一つの地域周産期センターで、そんなにもハイリスク妊婦さんが多いのですね。

荻田先生:既に存在する大きなリスクに対して、そのリスクを分散させて、安全性を担保しようというのが、我々、医療者側の戦略なんですよね。

――リスクの分散、ですか?

荻田先生:例えば、前置胎盤(※胎盤が子宮口にかかり、胎児の出口をふさいでしまう疾患。1000人に30~50人の割合で起こる)の症例では、お産のときに大出血して、母子ともに命にかかわるかもしれない。だから、自然な陣痛が発来する前に、赤ちゃんにとってはちょっと早い時期かもしれないけど、帝王切開で産みましょう、と。お母さんのリスクを、赤ちゃんにも少し引き受けてもらうわけです。

早い週数からの医療的な管理が必要なので、ご家族にとっては、入院が長引くとか、医療費がかかるとか、そういうデメリットはあるにせよ、母子の命が危険にさらされるよりはいい。

つまり、そこに存在するリスクを妊婦さん一人でしょい込むのではなく、少しずつ分散することで、一つ一つのリスクのボリュームを下げて安全に切り抜けよう、というのが、今日の周産期医療における、ハイリスク分娩を安全に遂行させるための戦略なのです。

ローリスクの妊婦さんなんて存在しない

――ただ、翻って見てみると、日本の周産期死亡率はとても低く、「安心して赤ちゃんが産める国だ」と言われています。必要以上に怖がることもない、と考えることもできますが。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。