体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハルカトミユキ、4月から2人編成のツアー決定

2月2日(金)恵比寿リキッドルームにて開催したハルカトミユキのアルバムツアー『ハルカトミユキ 溜息の断面図TOUR 2017-2018 種を蒔く~花~』のファイナル公演が異様な盛上りの中終了。このツアーは前半の2017年中は2人だけで全国を一周して、年明けからはバンドを従えてのツアーという変則的なもの。ツアーファイナル当日は、タイトルに掲げたアルバム『溜息の断面図』の曲を中心に、静かに立ち上がり徐々に熱を帯びて行く構成で行なわれ、これまでのどのライブよりも刺激的でありながら全身にじっくりと毒がめぐっていくかのように、フロアの体感温度は右肩上がりに上昇していった。ラスト「近眼のソンビ」で2人とも客席に飛び降りるなど、今までハルカトミユキではありえないパフォーマンスに触れたオーディエンスからは、興奮と驚きを抑えきれないか絶叫に近い叫び声が上がった。
2月2日@恵比寿リキッドルーム (okmusic UP's)

ハルカトミユキはツアータイトルにしてアルバム『溜息の断面図』をリリースして以降も、映画『ゆらり』の主題歌「手紙」を配信限定でリリースしたのを皮切りに、年末には問題作「どうせ価値無き命なら(demo)」を動画サイトにアップ。さらに、書下ろした新曲「その花の名前は」をバンド編成のツアー後半で披露するなど、精力的に新曲も発表し続けている。そして、ようやくツアーを終えたばかりの中、また4月から『解体新章』と題した2人だけのツアーを行なうことを発表! このツアーでは、さらに新たな新曲を用意して披露することを宣言しており、ライブと創作活動が両輪となって前進している、今のハルカトミユキがいかに充実しているかが見て取れる。2018年は、ハルカが舞台女優として『銀河鉄道999』にメーテル役で主演するなど、音楽以外でも話題もあり、いよいよ大きな飛躍が期待できそうだ。
ハルカトミユキ TOUR 2018『解体新章』
4月01日(日) 東京 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

4月06日(金) 愛知 BL café

4月20日(金) 大阪 阿倍野ROCKTOWN

4月22日(日) 福岡 ROOMS

4月29日(日) 東京 渋谷7th FLOOR

4月30日(月・祝) 東京 渋谷7th FLOOR

<チケット>

2018年2月25日(日)発売
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。