体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Quadcopter FX Simulator : リアルなドローンに近い操作性で操縦トレーニングにも最適なシミュレーターアプリ

これからドローンを始めてみようとお考えの方や、ドローンの操縦をトレーニングしたい方におすすめのシミュレーターアプリがあります。それは Android 用の「Quadcopter FX Simulator」です。Quadcopter FX Simulator は、実際のドローンに近い操縦体験を提供するフライトシミュレーターで、制限付きの無料版とフル機能を利用できる有料版(813 円)の 2 種類が配信されています。無料版でもドローンの基本的な操縦を学べるので、まずは無料版から始めることをおすすめします。Quadcopter FX Simulator の魅力は実際のドローン操縦に近い操作性にあります。画面の左右表示される 2 本のスティックと連動して画面上のドローンが飛行し、ドローンがどのように動くのかや空撮のためのドローン操縦のトレーニングできます。実施のドローンの中には空撮に役立つ様々な自動操縦機能を搭載しているものもあります。そういう高価なドローンの自動操縦をマニュアル操縦で真似たい時のトレーニング用にもこのアプリは十分に役立つでしょう。アプリを起動すると、すぐにフライト可能になり、左スティックを上に揚げて離陸・上昇させます。右スティックで前後左右に移動、左スティックの左右で回転させることができ、これらの組み合わせにより様々な飛行をトレーニングできます。スティックのレスポンスは実際のドローンに近いので実用性は高いと思います。設定メニューや機体の種類やシナリーを選択できますが、無料版では DJI Mavic Pro のような小型機しか利用できず、シナリーも「廃工場」と「砂漠」しか選択できません。Google マップと連動すればもっと楽しめると思いますが、アプリにそういう機能はありません。それでも利用できるシナリーのビジュアルはまずまずなのでプロっぽい空撮フライトを楽しめるでしょう。また、視点は操縦者からの視点とドローンの FPV ビューから選択でき、さらに画面のドラッグでジンバルの操作も可能です。この部分の動作内容は実際のドローンとほとんど同じです。Quadcopter FX Simulator」(Google Play)

■関連記事
スマートフォンを身につけたりどこかに固定する時にはGoProマウントが便利
コスパの良いWi-Fiスマートドライブレコーダー「Yi Smart Dash Cam」のレビュー
2018年版の「Googleセキュリティ診断」を利用してみよう

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。