体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GLIM SPANKY、新曲「The Flowers」が三越伊勢丹グループのキャンペーンソングに決定

GLIM SPANKYの新曲「The Flowers」が、三越伊勢丹グループ『2018花々祭 WILD FLOWERS~花を愛する人々~』のキャンペーンオリジナルソングに決定した。
GLIM SPANKY (okmusic UP's)

三越伊勢丹グループの春のはじまりを告げる花々祭年は“花を愛する人々”をテーマに掲げ、1960~70年代のフラワームーブメントをインスピレーション源として、愛と平和、ファッションと音楽、そこに息づく自由な感性を音楽と花を中心に現代の気分で表現。年齢に捉われることなく、自分の好きなものに熱中するエイジレスな大人たちに、あたらしい季節に向かう高揚感を提供している。

今回の決定に対して、GLIM SPANKYの松尾レミは「最高のテーマのイベントで曲を作るのも楽しかったです。今回の新曲はこの花々祭の“映画の主題歌”というイメージで作りました。ラブ&ピースな木漏れ日の様なサウンド、日常の何気ない一瞬でもそれが自分のストーリーの一部であることを感じてもらえたらと思います」とし、亀本寛貴は「とても素敵なコラボレーションになったと思います。参加する事ができて光栄です。今回の楽曲は、映像の世界観を意識してレトロでサイケデリックなサウンドにしました。是非聞いてみて下さい」とコメントしている。

さらにキャンペーン用ティザー映像も公開となり、こちらで新曲「The Flowers」の一部が初公開となっているので、気になる方はぜひ聴いてみよう。また『2018花々祭 WILD FLOWERS~花を愛する人々~』のオリジナルムービーは2月12日(月)に公開される。この映像はGLIM SPANKYの「吹き抜く風のように」MVのディレクターであるQotori film inc.(コトリフィルム)の島田大介氏が手掛けているとのこと。さらに、独自の感性により花の可能性を最大限引き出すフラワークリエーター・edenworks(エデンワークス)の篠崎恵美氏のフラワーアートも掛け合わせ、クリエイティビティに満ちた花々祭の世界観を紡ぎ出している。こちらの公開も待ち遠しい限りだ。

さらに2月25日(日)には、GLIM SPANKYが楽曲制作を記念してのライブを行ない、その模様がLINE LIVEにて生中継される。同日のこのライブではドキュメンタリー映像の収録を実施、その撮影にご参加頂けるエキストラを大募集するとのこと。募集期間は2月14日(水)23:59までとなっているのでお早めに!

■LINE LIVE生中継

https://live.line.me/channels/21/upcoming/7141327

■ドキュメンタリー映像 エキストラ募集ページ

※締切:2018年2月14日(水)23:59

https://questant.jp/q/LD2U43QU
『三越伊勢丹グループ 2018花々祭 WILD FLOWERS~花を愛する人々~』
開催期間:2月21日(水)~3月6日(火)

開催場所:三越伊勢丹グループ各店
『GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館』
5月12日(土) 日本武道館

OPEN 16:00/START 17:00

<チケット>

前売(全席指定):¥5,800(税込)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。